spectral analysis (MathScript RTモジュールサブクラス)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

要件:MathScript RTモジュール

dspクラスのメンバーです。spectral analysisサブクラスのメンバーを使用して、信号に対してスペクトル解析を行います。

関数 説明
buffermx ベクトルを行列にサイズ変更します。
ccepstrum 複素ケプストラム
coherence ウェルチメソッドを使用して、2つの信号のコヒーレンスを推測します。
coherence_ms 振幅2乗コヒーレンス推定
corrcoeff 相関係数
corrmx テプリッツ行列
covarmx 共分散行列
crosscorr 相互相関
crosscorr2d 2次元相互相関
crosscovar 相互共分散
crosspsd クロスパワースペクトル密度を推測する
crosssd ウェルチメソッドを使用して、クロススペクトル密度を推測します。
iccepstrum 逆複素ケプストラム
minrepseq 最短の繰り返しシーケンス
psd ウェルチ法を使用するパワースペクトル密度
psd_burg バーグ・アルゴリズムを使用するパワースペクトル密度
psd_covar 共分散法を使用するパワースペクトル密度
psd_mcovar 変形共分散法を使用するパワースペクトル密度
psd_periodogram ペリオドグラム法を使用するパワースペクトル密度
psd_welch ウェルチ法を使用するパワースペクトル密度
psd_yule ユール・ウォーカー法を使用するパワースペクトル密度
pspec_eign 固有ベクトル法を使用した擬似スペクトル
pspec_music 複数信号の分類アルゴリズムを使用する擬似スペクトル
rcepstrum 実ケプストラム
root_eign 固有ベクトル法を使用する周波数とパワーコンポーネント
root_music 複数信号の分類アルゴリズムを使用する周波数とパワーコンポーネント
spectrogram 信号エネルギー分布を計算する
tf_estimate 伝達関数を予測する
tf_estimateplot 伝達関数を予測する


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった