spline(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス:approximation および resampling

要件:MathScript RTモジュール

構文

yy = spline(x, y, xx)

説明

入力データの3次スプライン補間を計算します。

サンプル

入力

名前 説明
x ベクトルを指定します。
y 実数ベクトルまたは複素数ベクトルを指定します。yの長さがxと同じ場合、not-a-knot終了条件が採用されます。yxよりも2つ多く要素を持つ場合、yの最初と最後の要素が3次スプラインのつなぎ目の傾きとして使用されます。また、yはベクトル値の区分的多項式を表す行列です。この場合、yの各列は1つのポイントの値を表します。
xx 新しい横座標を指定します。xxはベクトルです。

出力

名前 説明
yy xxに対応する区分的多項式の値を返します。yyはベクトルです。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

X = 0:6;
Y = [pi/2, 0, 1, 0, -1, 0, pi/2];
XX = 0:0.1:6;
YY = spline(X, Y, XX);
plot(X, Y, 'o', XX, YY, '-')

YY = spline(0:4, [0, 1, 0, -1, 0, 1, 0; pi/2, 0, 1, 0, -1, 0, pi/2], 0:0.1:4)

関連項目

poly_pw
poly_pwhermite



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった