sscanf(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: string

要件:MathScript RTモジュール

構文

[a, count, error, next] = sscanf(str, format)

[a, count, error, next] = sscanf(str, format, size)

説明

入力文字列から指定されたフォーマットでデータを読み取ります。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
str 読み取る入力文字列を指定します。strは、文字列または文字列の1D行列です。
format strのデータを読み取る際のフォーマットを指定します。formatは適切な形式指定子の構文を使用する必要があります。formatは文字列です。
size strから読み取るデータの容量を指定します。strが文字列の場合、sizeはスカラです。strが文字列の行列の場合、sizeは配列でなければなりません。sizeの最初の2つの要素以外はすべて破棄されます。sizeが0未満の場合、すべてのデータが読み取られるかエラーが発生するまで、指定されたformatを使用してstrの読み取りが続行します。sizeは、32ビットの符号付き整数、またはそれらの値の1D行列です。

出力

名前 説明
a 入力文字列からフォーマットされたデータを返します。aは、倍精度浮動小数点数のベクトルまたは2D行列です。
count strから正常に読み取られたデータの容量を返します。countは、32ビットの符号付き整数です。
error エラーメッセージを返します。errorは文字列です。
next strの末尾を越える最初文字の指標、またはstrから正常に読み取られた文字の数を返します。エラーが発生すると、nextはエラーが発生した箇所の最初の文字の指標を返します。nextは、32ビットの符号付き整数です。

詳細

sizeの最初と2番目の要素がmnの場合、この関数はmxn行列にデータを列方向で読み取ります。mはゼロより大きくなければなりません。それ以外の場合、この関数は空の行列を返します。nが0未満の場合、すべてのデータが読み取られるかエラーが発生するまで指定されたformatでのstrの読み取りが続行します。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

[A, count, error, next] = sscanf('1.2 3.4 5.6', '%f', 2)

[A, count, error, next] = sscanf(strvconcat('1 2 3 4', '4 5 6 7'), '%d', [2, 2])

関連項目

sprintf
strread



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった