subplot(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: plots

要件:MathScript RTモジュール

構文

subplot(a, b, c)

subplot(ijk)

subplot('position', pos)

obj = subplot(a, b, c)

obj = subplot(ijk)

obj = subplot('position', pos)

説明

複数のプロットを含むプロットウィンドウを生成します。subplot(a, b, c)またはsubplot(ijk)は、プロットのaまたはi行とbまたはj列を含むプロットウィンドウを生成します。subplot('position', pos)は、プロットウィンドウの指定された位置にプロット領域を追加します。

サンプル

入力

名前 説明
a 生成するプロットの行数を指定します。aは正の整数です。
b 生成するプロットの列数を指定します。bは正の整数です。
c プロットの行ごとの線形次数に従ってアクティブプロットを指定します。cは1~a*bの正の整数です。
ijk 生成する行数iと、列数j、アクティブプロットkを指定します。ijkは、1~9の間の正の整数です。
pos プロット領域(タイトルまたは軸のラベルは含まない)の位置を指定します。posは、4つの値から成る配列でなければなりません。最初と2番目の値は、プロットウィンドウの左下隅からプロット領域の左隅の水平および垂直距離を指定します。3番目および4番目の値は、プロット領域の幅と高さを指定します。posの値は、プロット領域の左下隅と右上隅がそれぞれ(0, 0)と(1, 1)になるように正規化されます。

出力

名前 説明
obj リファレンスを現在のプロット領域に戻します。objは、プロット領域のリファレンスです。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる いいえ(エラーが返される、または無視される)
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

X = 0:10;
Y = X.*X;
subplot(2, 1, 1)
plot(X)
subplot(212)
plot(Y)

obj = subplot(212);
set(obj, 'Color', 'c', 'XColor', 'm', 'YColor', 'm')
a = subplot(211);
set(a, 'Color', 'm', 'XColor', 'c', 'YColor', 'c')


X = 0:0.1:10*pi;
Y1 = sin(X);
Y2 = cos(X);

subplot('position', [0.1, 0.6, 0.8, 0.3])
plot(X, Y1)
subplot('position', [0.1, 0.1, 0.8, 0.3])
plot(X, Y2)

関連項目

figure
plot
set



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった