textread(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: support

要件:MathScript RTモジュール

構文

[a, b, ...] = textread(file, format)

[a, b, ...] = textread(file, format, size)

説明

ファイルのテキストを読み取り、適切なデータタイプに変換します。出力数は、formatの変換コードの数と等しくなければなりません。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
file 読み取るファイルへのパスを指定します。fileが相対パスの場合、LabVIEWは現在の作業ディレクトリでファイルの検索します。fileは文字列です。
format ファイルからテキストを読み込む際の書式を指定します。formatは適切な形式指定子の構文を使用する必要があります。formatは文字列です。
size ファイルから読み込むテキストの容量を指定します。sizeを指定しない、またはsizeinfの場合、LabVIEWはすべてのテキストの読み取りが完了するかエラーが発生するまで、指定されたformatを使用してファイルから読み取ります。sizeはスカラです。

出力

名前 説明
a formatの最初の変換コードに従って、ファイルからテキストを返します。aは、倍精度または文字の行列またはベクトルです。
b formatの2番目の変換コードに従って、ファイルからテキストを返します。bは、倍精度または文字の行列またはベクトルです。

詳細

この関数をスタンドアロンアプリケーションまたは共有ライブラリで使用し、fileが相対パスの場合、LabVIEWはアプリケーションまたは共有ライブラリをインストールしたパスにあるファイルを検索します。(Real-Timeモジュール)この関数をRTターゲットにデプロイして、fileが相対パスの場合、LabVIEWは「デフォルトデータディレクトリ」VIが返したパスにあるファイルを検索します。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する いいえ(スクリプト全体に適用)

サンプル

t = 0:1:pi;
fid = fopen('test.txt', 'w');
fprintf(fid, '%f\n', t);
fclose(fid);
a = textread('test.txt', '%f')

関連項目

fprintf
fscanf



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった