view_image(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: plots

要件:MathScript RTモジュール

構文

view_image(z)

view_image(z, [lo, hi])

view_image(file)

従来名: imshow

説明

実行列またはファイルからグレースケール画像をプロットします。view_imageは、BMP、JPEG、またはPNG形式から画像を開いて表示できます。 画像サイズを4メガピクセルより大きくすることはできません。

サンプル

入力

名前 説明
z プロットする実数行列を指定します。
lo グレースケールの最小値を指定します。lo以下のzにあるすべての要素を黒にマップします。
hi グレースケールの最大値を指定します。hi以上のzにあるすべての要素を白にマップします。
file プロットする画像ファイルへのパスを指定します。fileは、絶対パスまたは現在の作業ディレクトリからの相対パスを指定できます。fileは文字列です。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる いいえ(常に無視)
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

Z = peakfcn2d;
view_image(Z)

関連項目

fread_image
image



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった