voronoi(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: geometry

要件:MathScript RTモジュール

構文

voronoi(a, b)

[x, y] = voronoi(a, b)

説明

平面の指定されたポイントのボロノイ図を生成します。出力を要求しない場合、この関数は現在のプロットウィンドウで元のポイントと接続されたボロノイ図をプロットします。

サンプル

入力

名前 説明
a 平面上のポイントのx座標のベクトルを指定します。
b 平面上のポイントのy座標のベクトルを指定します。length(b)はlength(a)と等しくなければなりません。

出力

名前 説明
x 実数の2xn行列を返します。nはボロノイポイントのx座標です。LabVIEWは(x(k)、y(k))から(x(k + 1)、y(k + 1))までのすべてのラインによるボロノイ図のエッジを定義します。
y 実数の2xn行列を返します。nはボロノイポイントのy座標の数です。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる いいえ(エラーが返される、または無視される)
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

A = rand(12, 1);
B = rand(12, 1);
voronoi(A, B);

関連項目

convexhull
delaunay
is_inpolygon
rand



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった