wavwrite(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: audio

要件:MathScript RTモジュール (Windows)

構文

wavwrite(Y, file)

wavwrite(Y, fs, file)

wavwrite(Y, fs, NBITS, file)

説明

Microsoft .wavファイルにデータを書き込みます。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
Y fileに書き込む波形データを指定します。Yの各列は1つのチャンネルを示します。ステレオデータの2つの列を指定します。 Yは実行列です。
file Yで指定した波形データを書き込むファイルの名前を指定します。ここでは、絶対パスまたは現在の作業ディレクトリからの相対パスを使用できます。 fileは文字列です。
fs サンプルレートをHzで指定します。fsは実数です。デフォルトは8000です。
NBITS Yで指定した波形データをコード化する際のビット数を指定します。NBITS8162432のいずれかでなければなりません。デフォルトは16です。

詳細

ファイルパスは、作業ディレクトリに対する相対パスで指定できます。cd関数による作業ディレクトリの変更は、この関数を呼び出すLabVIEW MathScriptウィンドウまたはMathScriptノードの現在のインスタンスにのみ適用されます。1つのMathScriptノードの作業ディレクトリで行われた変更は、別のMathScriptノードには適用されません。LabVIEW MathScriptウィンドウが閉じられるか、MathScriptノードの実行が停止すると、作業ディレクトリはデフォルト値にリセットされます。LabVIEW MathScriptプロパティダイアログボックスのMathScript:検索パスページを使用して、LabVIEW MathScriptウィンドウのデフォルトの作業ディレクトリを変更します。オプションダイアログボックスのMathScriptページを使用して、メインアプリケーションインスタンスのMathScriptノードでデフォルトの作業ディレクトリを変更します。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

t = 0:0.01:10*pi;
z = sin(50*t.^2);
wavplay(z')
wavwrite(z, 'C:\chirp');
clear z;
pause(2);
z = wavread('C:\chirp');
wavplay(z)
plot(t, z)

関連項目

cd
pwd
wavplay
wavread



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった