what(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: support

要件:MathScript RTモジュール

構文

what

what a

説明

現在の作業ディレクトリにある.mまたは.mlvの拡張子のファイルすべてのリストを返します。what aは、aの名前のサブディレクトリを含む検索パスにある.mまたは.mlvの拡張子のファイルすべてのリストを返します。

詳細

サンプル

詳細

LabVIEW MathScriptプロパティダイアログボックスのMathScript:検索パスページを使用して、LabVIEW MathScriptウィンドウのデフォルトの検索パスリストと作業ディレクトリを変更します。オプションダイアログボックスのMathScriptページを使用して、メインアプリケーションインスタンスのMathScriptノードでデフォルトの検索パスリストと作業ディレクトリを変更します。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる いいえ(エラーが返される、または無視される)
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

what

関連項目

dir
lookfor
ls
which
who
who_all



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった