xlabel(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: plots

要件:MathScript RTモジュール

構文

xlabel(text)

xlabel(text, name1, value1, ..., nameN, valueN)

obj = xlabel(text)

obj = xlabel(text, name1, value1, ..., nameN, valueN)

説明

プロットのx軸にラベルを付けます。xlabel(text, name1, value1, ..., nameN, valueN)は、指定された属性名と値に基づいてテキスト属性を設定します。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
text x軸に使用するラベルを指定します。textは文字列です。
name 属性の名前を指定します。nameは文字列です。
value 属性の値を指定します。

出力

名前 説明
obj LabVIEWで作成されたラベルのリファレンスを返します。objテキストオブジェクトです。

詳細

x軸のラベルを表示するためには、xスケールが表示されていなければなりません。xスケールの表示/非表示の切り替えには表示属性を使用します。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる いいえ(エラーが返される、または無視される)
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

X = [0:0.01:1];
Y = X.*X;
plot(X, Y)
xlabel('X-Axis')

X = sin(0:0.01:1);
plot(X)
obj = xlabel('X-Axis', 'FontSize', 24, 'Color', 'g')

関連項目

text
title
ylabel
zlabel



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった