xlimit(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: plots

要件:MathScript RTモジュール

構文

xlimit auto

xlimit manual

xlimit mode

xlimit([minx, maxx])

a = xlimit('mode')

従来名: xlim

説明

xスケールの範囲を設定します。xlimit autoは、xスケールを自動的にプロットに合わせます。xlimit manualは、xスケールを自動的にプロットに合わせないようにします。xlimit modeは、LabVIEWでxスケールの範囲を決めるために使用するモードを返します。

サンプル

入力

名前 説明
minx xの最小値を指定します。minxは実数スカラです。
maxx xの最大値を指定します。maxxは実数スカラです。

出力

名前 説明
a LabVIEWでxスケールの範囲を決めるために使用するモードを返します。a'auto'または'manual'のいずれかの文字列です。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる いいえ(エラーが返される、または無視される)
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

X = 0:1:10;
plot(X)
xlimit([2, 8])
a = xlimit('mode')

関連項目

axis
ylimit
zlimit



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった