LabVIEW MathScriptウィンドウのヘルプにアクセスする(MathScript RTモジュール)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

コマンドウィンドウまたはスクリプトエディタから異なるヘルプコマンドを呼び出して、LabVIEW MathScriptウィンドウ用にさまざまなタイプのヘルプの内容を表示できます。以下の表には、呼び出し可能なヘルプコマンド、これらのコマンドで表示されるヘルプのタイプがリストされています。

メモ  デフォルトでは、これらのコマンドはHTMLヘルプウィンドウでヘルプを表示します。LabVIEW MathScriptウィンドウ出力ウィンドウでヘルプを表示するには、LabVIEW MathScriptプロパティダイアログボックスのMathScript: ウィンドウオプションページでHTMLヘルプを表示?チェックボックスをオフにします。関数を定義した場合、LabVIEWは必ず出力ウィンドウで定義された関数のヘルプを表示します。

コマンド 表示されるヘルプの説明
help LabVIEW MathScriptウィンドウの概要を示します。
help browser LabVIEW MathScriptウィンドウの概要を示します。
help classes MathScript RTモジュールのすべてのクラスのリスト、トピック、各クラスの簡単な説明を示します。
help クラス 特定のMathScript RTモジュールクラスのすべての関数名と簡単な説明のリストをが表示されます。クラスの名前に2単語以上の文字が含まれる場合は、各単語の間で下線(_)を使用する必要があります。
例: help basic
help filter_design
help 関数名 コマンドウィンドウに入力する特定のMathScript RTモジュール関数またはトピック(名前、構文、説明、入出力、サンプルなど)のリファレンスヘルプおよび関連する関数またはトピックを示します。
例: help abs
help 関数またはクラスの冒頭部分 入力した文字で始まるすべてのMathScript RTモジュール関数およびクラスのリストを示します。
例: help pro


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった