検索パスの設定に関する注意とアドバイス(MathScript RTモジュール)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

定義した関数またはスクリプトを検出してMathScriptで実行するには、検索パスリストを設定します。MathScript環境で検索パスリストを設定する際は、以下の注意とアドバイスを参考にしてください。


メモ   プロジェクトでは、.mファイルを呼び出すMathScriptノードを実行するターゲットごとに検索パスリストを設定する必要があります。
  • .mファイル、および.mファイルを呼び出すVIを移動した場合は、VIと.mファイルの間の相対パスが維持されている限りは、.mファイルを呼び出すためにMathScript検索パスリストを再構成する必要はありません。
  • 警告グリフを発生させる以下の関数を使用してMathScriptノードにパスを追加したり、返したり、削除したりしないでください。
  • MathScriptノードで呼び出されている.mファイルを表示するには、VI階層ウィンドウを使用します。.mファイルの完全パスを表示するには、VI階層ウィンドウの表示メニューからラベルにVIの完全パスを表示を選択することで、VIアイコンの上にマウスカーソルを置いたときに表示されるラベルにパス表示を含める必要があります。
  • また、詳細ヘルプウィンドウを使用してMathScriptノードの.mファイルの完全パスを表示することもできます。パスを表示するには、マウスカーソルを.mファイルの名前の上に置き、詳細ヘルプウィンドウのオプションの端子と完全パスを表示ボタンをクリックします。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった