LabVIEW MathScriptでグローバル変数を作成する(MathScript RTモジュール)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

MathScript RTモジュールのglobal関数を使用して、LabVIEW MathScriptでグローバル変数を作成します。MathScriptでグローバル変数を使用して、LabVIEW MathScriptウィンドウとMathScriptノード、または2つのMathScriptノード間でデータにアクセスしたり、データの受け渡しを行います。

メモ メモ  グローバル関数は、LabVIEWでグローバル変数とは別の状況でグローバル変数を生成します。たとえば、global関数を使用してMathScriptでグローバル変数aを生成する場合、LabVIEWで異なるグローバル変数aを作成することもできます。

以下の手順に従って、LabVIEW MathScriptウィンドウでグローバル変数を作成して、MathScriptノードからそのグローバル変数にアクセスします。

  1. LabVIEW MathScriptウィンドウで、以下のコマンドを呼び出して変数aをグローバル変数として定義します。

    a = 10;
    global a
  2. 新規VIを開いて、MathScriptノードをブロックダイアグラムに追加します。

  3. 操作ツールまたはラベリングツールを使用して、MathScriptノードに以下のスクリプトを入力します。

    global a
    b = a + 1

    前述のスクリプトに示すように、変数 a を使用する前にglobal関数を呼び出す必要があります。それ以外の場合、LabVIEWはaをローカル変数と見なし、手順1で作成したaは使用しません。
  4. MathScriptノードに出力を追加して、出力用の表示器を作成します。
    1. MathScriptノードフレームの右側を右クリックし、ショートカットメニューから出力を追加→bを選択します。
    2. b出力端子を右クリックして、ショートカットメニューからデータタイプを選択→すべてのタイプ→スカラ→U32を選択して端子のデータタイプを構成します。
    3. b出力端子を右クリックし、ショートカットメニューから作成→表示器を選択して、bのラベルが付けられた数値表示器を作成します。
  5. エラー出力の出力端子を右クリックし、ショートカットメニューから作成→表示器を選択して、エラー出力表示器を作成します。
  6. VI を実行します。MathScript RTサーバが自動的に起動し、グローバル変数aに1が加算され、b表示器に結果が表示されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった