関数またはスクリプトを定義する(MathScript RTモジュール)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

MathScript関数は、直接実行することはできません。つまり、LabVIEW MathScriptウィンドウまたはMathScriptノードの入力および出力で関数を呼び出す前に、まず関数を定義して、保存する必要があります。関数またはスクリプトを作成して、LabVIEW MathScriptウィンドウまたはMathScriptノードで使用できるように準備するには、以下の手順に従ってください。

注意  関数を標準MathScript RTモジュール関数と同じ名前で定義すると、標準の関数ではなくユーザが定義した関数が実行されます。この場合、helpコマンドを実行すると、LabVIEWはユーザが定義した関数のヘルプの内容だけを返します。元のMathScript RTモジュール関数のヘルプの内容は表示できません。
  1. LabVIEW MathScriptウィンドウスクリプトページのスクリプトエディタで適切な構文を使用して、関数またはスクリプトを作成します。また、テキストエディタを使用して、関数またはスクリプトを作成することができます。
メモ メモ  別のウィンドウで新規のスクリプトエディタを開くには、ファイル→新規スクリプトエディタを選択するか、またはスクリプトページのスクリプトエディタを右クリックして、ショートカットメニューから新規スクリプトエディタを選択します。
  1. 関数またはスクリプトを保存します。関数のファイル名は関数名と同じで、小文字の.m拡張子を付ける必要があります。たとえば、foo関数のファイル名はfoo.mでなければなりません。関数およびスクリプトにはすべての固有の名前を使用してください。関数またはスクリプトはMathScript RTモジュールの検索パスに含まれているディレクトリに保存する必要があります。
メモ  標準のMathScript RTモジュール関数と同じ名前の関数を定義した後、元の関数を復元するには、定義した関数を削除するか、定義した関数を標準MathScript RTモジュール関数とは異なる名前に変更するか、デフォルトの検索パスリストから定義した関数を含むパスを削除します。パスを削除すると、LabVIEWの検索先に関数のパスが含まれなくなるため、定義した関数がLabVIEWにロードされなくなります。

関数を定義および保存した後、LabVIEW MathScriptウィンドウまたはMathScriptノードから定義した関数を呼び出すことができます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった