MathScriptスクリプトノードでスクリプトのハイライトを有効にする(MathScript RTモジュール)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

スクリプトのハイライトでは、色およびフォント属性を使用して、MathScriptノードのスクリプトの異なる部分を区別します。これらの色と属性は、スクリプトを読みやすくして、エラーを含む、または予期せぬデータを返すスクリプトをデバッグする操作を簡素化します。MathScriptノードには2種類のハイライト表示があります。

  • 構文ハイライト―演算子やコメントなどのスクリプト要素を異なる色で表示します。たとえば、変数またはユーザ定義関数が標準MathScript関数より優先される場合、そのスクリプト要素が標準関数ではなく変数またはユーザ定義関数の色で表示されます。
    メモ メモ  (Windows) 構文ハイライトは、LabVIEW MathScriptウィンドウスクリプトエディタでも使用できます。
  • データタイプハイライト―変数のデータタイプを異なる色とフォント属性で表示します。 データタイプハイライトでは、スクリプトによってあるデータタイプの変数が別のタイプに再定義される箇所を確認できます。

以下の手順に従って、特定のMathScriptノードに対して構文またはデータタイプハイライトを有効にします。

  1. MathScriptノードの内側を右クリックします。
  2. ショートカットメニューからスクリプトのハイライト→構文またはスクリプトのハイライト→データタイプを選択します。構文ハイライトはデフォルトで有効に設定されます。

MathScriptノードに対して構文またはデータタイプハイライトが有効になっている場合、LabVIEWはツールバーのテキスト設定プルダウンメニューでスクリプトに適用された色とスタイルの設定を破棄します。データタイプハイライトが有効のときにスクリプトを入力する場合は、ノードの外側をクリックして色とフォント属性を適用します。

メモ  ノードにエラーが含まれている場合、LabVIEWはデータタイプハイライトを適用しません。エラーはノードの左側のグレーの領域に赤いグリフで表示されます。

以下の手順に従って、特定のMathScriptノードに対して構文またはデータタイプハイライトを無効にします。

  1. MathScriptノードの内側を右クリックします。
  2. ショートカットメニューからスクリプトのハイライト→なしを選択します。

すべてのMathScriptノードに対してスクリプトのハイライトを有効または無効にするには、オプションダイアログボックスのMathScriptページのスクリプトのハイライトセクションを使用します。

MathScriptページですべてのMathScriptノードに対するスクリプトのハイライトを無効にすると、MathScriptノードのショートカットメニューでスクリプトのハイライト項目が淡色表示になります。特定のMathScriptノードに対してスクリプトのハイライトを無効にする場合、MathScriptページを使用して、そのノードに対してスクリプトのハイライトは無効にできません。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった