LabVIEW MathScriptでのデータタイプ(MathScript RTモジュール)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

LabVIEW MathScriptは以下のデータタイプをサポートしています。特別な記載がない限り、これらのデータタイプを使用してMathScriptノード出力端子を構成できます。

スカラおよび1次元/2次元配列

スカラおよび1次元配列

文字列

メモ メモ  MathScriptは、内部ではスカラ文字列を対応するASCII文字コードの配列として表します。したがって、配列のすべての行が同じ列数でなければならないため、長さが均等でない文字列の配列ではすべての文字列が最長の文字列と同じになるようゼロが追加されます。たとえば、['a'; 'bb']は内部では[97, 0; 98, 98]と表現されます。

他のデータタイプ

  • 複素要素の行列
  • 実数の要素の行列
  • プロットオブジェクト
    メモ プロットオブジェクトタイプを使用してMathScriptノード出力端子を構成することはできません。
  • (Control Design and Simulation(制御系設計/シミュレーション))伝達関数モデル
  • (Control Design and Simulation(制御系設計/シミュレーション)モジュール)状態空間モデル
  • (Control Design and Simulation(制御系設計/シミュレーション))零点/極/ゲインモデル

LabVIEWでは、MathScriptとMATLAB®ソフトウェアで使用される多くのデータタイプが認識されます。ただし、データタイプの呼び名が異なる可能性があります。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった