MathScript演算子(MathScript RTモジュール)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

以下の表は、LabVIEW MathScript演算子の一覧です。関数やスクリプトで演算子を使用する際は、MathScript構文のガイドラインを参照してください。

演算子名前説明
=割り当て変数に値を割り当てます。a = 1
:コロン範囲を指定します。a = 1:10
;セミコロンステートメントの終了を示し、表示されません。または、行列を定義する際に列を分けます。a = [1, 0]
b = [1; 2; 3]
.ドットストラクチャのフィールドを定義します。a(1).x = 2
a(1).y = 5
a(1).color = 'green'
~否定論理式を反転します。a = [1, 0]
~(a)
+加算加算します。a + b
-減算減算または反転します。a - bまたは-a
*乗算乗算、または行列に対する行列乗算を実行します。a = 2* b
/除算除算、または行列に対する行列分割を実行します。a / b
.*要素ごとの乗算行列の各要素を、1つのスカラまたは別の行列の各要素で乗算します。a = [1 2 3; 4 5 6]
b = [2 3 5; 7 9 1]
a .* b
./要素ごとの除算行列の各要素を、1つのスカラまたは別の行列の各要素で除算します。a ./ b
\左除算逆に除算します。AB = Y
B = A \ Y
.\要素ごとの左除算行列の各要素を、1つのスカラまたは別の行列の各要素で逆に除算します。a .\ b
.'転置行列を転置します。a = [1; 2; 3]
a .' b
b =
1
2
3
.^要素ごとの累乗行列の各要素を、1つのスカラまたは別の行列の各要素で累乗します。a .^ b
'共役転置行列の複素共役を転置して虚部を反転します。a = [-i; 1 + i; 2 - 3i]
a' = i, 1 - i, 2 + 3i
^累乗累乗します。結果は正方行列です。A = [1 + 3i, 5.6; -2.3, 8 - i]
B = 3
A ^ B
==条件文字列と等しい値が等しいかどうか比較します。a==b
<小さい~より小さい。a < b
<=以下~以下。a <= b
>大きい~より大きい。a > b
>=以上~以上。a >= b
~=等しくない不等関係を評価します。a ~= b
||論理和論理和(OR)を実行します(両方の引数がスクリプトからの場合のみ)。a || b
&&論理積論理積(AND)を実行します(両方の引数がスクリプトからの場合のみ)。a && b
|要素ごとの論理和行列の各要素に対して、1つのスカラまたは別の行列の各要素との論理和を実行します。a | b
&要素ごとの論理積行列の各要素に対して、1つのスカラまたは別の行列の各要素との論理積を実行します。a & b
[]ブラケット行列、または関数の複数の出力を定義します。a = [1 2 3; 4 5 6]
()括弧関数または指標行列を呼び出します。a = (1, 2, 3)
b = a(2, 3)
{}中括弧セル配列を定義および指標付けします。a = {3, [7 8 9], 'hello'}
a{4} = 'bye'
a{2}


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった