MathScriptをデバッグする(MathScript RTモジュール)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

MathScriptノードが原因でVIが壊れている場合、実行不可能になっている場合、またVIは壊れていなくても予想外のデータが得られた場合、いくつかの方法によってスクリプトの問題を特定して修正することができます。MathScriptノードでスクリプトをデバッグするには、一般的なスクリプトデバッグ方法に加え、以下のツールを使用してください。

エラーチェック

赤いグリフがMathScriptノードの左側のグレーの領域に表示されることを確認します。このグリフは、スクリプトの関連する行にエラーが含まれていることを示します。

構文ハイライト

スクリプトのハイライトを有効にして、色およびフォント属性によってスクリプトの各部分を区別します。変数またはユーザ定義関数が標準MathScript関数より優先される場合、そのスクリプト要素が標準関数ではなく変数またはユーザ定義関数の色で表示されます。データタイプハイライトによって、スクリプトによって変数のデータタイプが別のデータタイプに再定義される部分を確認できます。

実行のハイライト

実行のハイライトを使用して、現在実行中のスクリプトのラインを確認します。実行のハイライトを行うと、現在実行中のラインの横に点滅する青い矢印が表示され、スクリプトのラインの進行状況を知ることができます。

シングルステップ

スクリプトにシングルステップを実行して、スクリプトの各動作を参照します。VIにMathScriptノードが含まれている場合、スクリプトのラインの横に、そのスクリプトのラインが実行可能であることを示す点滅する青い矢印が表示されます。

プローブツール

また、LabVIEW MathScript プローブでMathScriptノードのスクリプトにあるデータをVIの実行中に表示することもできます。MathScriptノードを右クリックして、ショートカットメニューからプローブを選択して、MathScriptプローブを使用します。また、プローブツールを使用してMathScriptノードをクリックして、LabVIEW MathScriptプローブウィンドウを表示することもできます。

MathScriptプローブは、既定のプローブとは異なり、データに応答するように構成することはできません。たとえば、条件付きのブレークポイントを設定することはできません。

ブレークポイント

ブレークポイントを使用して、シングルステップを実行する、またはプローブを挿入できるように実行を一時停止します。以下の図は、MathScriptノードにあるスクリプトライン上のブレークポイントを示します。VIはスクリプトのラインの実行前に一時停止します。スクリプトのラインに隣接する赤い丸印でブレークポイントがハイライトされます。

詳細ヘルプ

MathScriptノードの外側をクリックしてスクリプトの変数の上にカーソルを動かすと、詳細ヘルプウィンドウに変数のデータタイプが表示されます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった