バージョン2012の新機能と変更点(MathScript RTモジュール)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

MathScript RTモジュール 2012の最終更新情報については、labview\readmeディレクトリのreadme_MathScriptRT.htmlファイルを参照してください。

セル配列のMathScriptサポート

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールでは、LabVIEW MathScriptウィンドウまたはMathScriptノードで使用するために、データを1つの変数に整理することができます。セル配列のすべてのセルは、セル配列の他のセルのデータとタイプやサイズの異なるデータを保持することができます。

文字列の1次元配列をブロックダイアグラムからMathScriptノードに渡すとき、MathScriptはデフォルトで、すべての文字列が最も長い文字列と同じ長さになるまで文字列に空白を追加します。LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールでは、文字列の1次元配列をMathScriptノードに渡し、ノードの入力端子を右クリックして、文字列表現→セル配列を選択することができます。セル配列を使用することを指定したとき、MathScriptは配列内の各文字列に空白を追加せずにその長さを維持します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった