MathScriptノードにデータを渡す/MathScriptノードからデータを出力する(MathScript RTモジュール)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

MathScriptノードにクラスタまたは文字列の1次元配列を渡す場合、ノードはそれらのデータタイプをMathScript環境での(異なる)対応するデータタイプとして受け取ります。

MathScriptノードにクラスタを渡す

LabVIEWクラスタは、MathScriptノードに渡すことができます。以下の条件が満たされると、MathScript環境において、クラスタはクラスタの各要素と同じ名前と値を持つフィールドから構成されるストラクチャになります。

  • クラスタの各要素は、ラベル付けされる必要があります。ラベルは、アルファベット文字で始まり、アルファベット文字とアンダースコアのみ(スペースなし)を使用する必要があります。
    メモ  クラスタ要素のラベルは、「is_validvarname」関数を使用して有効であるか確認できます。
  • クラスタの各要素には以下のデータタイプを使用します。
    • 以下のデータタイプのスカラ、1D配列、または2D配列。
      • ブール
      • 数値
      • (Control Design and Simulationモジュール) 状態空間モデル、零点/極/ゲインモデル、伝達関数モデル
    • スカラまたは文字列の1D配列
    • 実行列
    • 複素行列
    • 各要素が条件を満たしているクラスタ

これらの条件が満たされていない場合、MathScriptノードの入力へのワイヤが壊れます。

MathScriptノードからストラクチャを出力する

MathScriptノードからストラクチャを出力する場合、ストラクチャはLabVIEW環境でクラスタになります。ストラクチャを出力することができるのは、ストラクチャの各要素に以下のデータタイプを使用する場合です。

  • 以下のデータタイプのスカラ、1D配列、または2D配列。
    • ブール
    • 数値
    • (Control Design and Simulationモジュール) 状態空間モデル、零点/極/ゲインモデル、伝達関数モデル
  • 文字列の1Dまたは2D配列
  • 各要素が条件を満たしているストラクチャ

これらの条件が満たされていない場合、MathScriptノードへの出力端子が壊れます。

ストラクチャ配列の対応フィールドで異なるデータタイプを使用しない

MathScriptノードからストラクチャを出力する場合、ストラクチャ配列の対応フィールドに異なるデータタイプを使用すると、ノードへの出力端子が壊れます。以下の例は、2要素ストラクチャ配列のフィールドの中にデータタイプが異なるものが存在することを示しています。

a(1).b = 5;

a(2).b = 'string';

ストラクチャa(1)のフィールドbのデータタイプは整数です。ストラクチャa(2)のフィールドbのデータタイプは文字列です。LabVIEWは整数を文字列に強制変換しないため、ストラクチャはノードから出力されません。

MathScriptノードに文字列の配列を渡す

ブロックダイアグラムからMathScriptノードに文字列の1次元配列を渡すとき、文字列の配列はMathScript環境ではデフォルトでパッドされた2次元配列になります。以下のサンプルは、MathScriptノードが、長さの異なる文字列のLabVIEW配列をパッドされた2次元配列として受け入れる方法を示しています。



メモ  上記のフロントパネルでは、strings out表示器が'¥'コード表示に構成されているため、表示不可能な文字はすべて¥コードで表示されます。

このサンプルでは、LabVIEWの文字列配列は、3行13列の文字のパッドされた2次元配列になります。MathScriptは、最初の2行を長さが最長文字列と等しくなるように空白でパッドします。パッドされた2次元配列をMathScriptノードから出力すると、LabVIEW環境では文字列の1次元配列になります。ただし、MathScriptが適用した空白は維持されます。

文字列の配列をセル配列として渡す

文字列の1次元配列をMathScriptノードに渡すときに、各文字列の長さを維持するように指定することもできます。MathScriptノードの入力端子を右クリックして、ショートカットメニューから文字列表現→セル配列を選択します。

以下のサンプルは、文字列表現をセル配列に指定したときに、MathScriptノードが、長さの異なる文字列の1次元配列をどのように受け入れるかを示しています。



このLabVIEWの文字列配列はMathScript環境に渡されると、1行3列の セル配列となり、各文字列の長さは維持されます。このセル配列をノードから出力すると、セル配列はLabVIEW環境で文字列の1次元配列になります。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった