LabVIEW MathScriptと他のアプリケーションでデータを共有する(MathScript RTモジュール)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

ファイルを読み書きすることにより、LabVIEW MathScriptと他のアプリケーションでデータを共有することができます。MathScriptは、.mlv.mat.csv.txt.tdm.tdms.xslなどの、他のプログラムが認識するファイル形式をサポートします。変数やデータをMathScriptノードまたはLabVIEW MathScriptウィンドウにインポートするには、load関数を使用します。変数をファイルにエクスポートするには、save関数を使用します。LabVIEW MathScriptウィンドウ操作→データをロードおよび操作→データを保存メニューでは、load関数とsave関数でサポートされるのと同じファイル形式がサポートされます。

メモ  MathScriptでは.matファイルへのデータ保存はサポートされません。データを.matファイルからLabVIEW MathScriptウィンドウまたはMathScriptノードにロードする場合は、このデータを.mlvファイルに保存できます。

MathScriptは、特定のファイル形式を読み書きする関数も提供します。たとえば、fread_xlsおよびfwrite_xls関数はMicrosoft Excelスプレッドシートファイルを読み書きできます。supportクラスからの関数を使用すると、複数のファイル形式を読み書きすることができます。バイナリまたはテキストファイルのカスタムファイル形式を読み書きしたい場合は、freadおよびfwrite関数を使用します。

ファイルを使用しないでデータを共有したい場合は、LabVIEW MathScriptウィンドウまたはMathScriptプローブからデータをタブ区切りテキストとしてクリップボードにコピーし、それをテキストエディタまたはスプレッドシートプログラムに貼り付けることができます。LabVIEW MathScriptウィンドウまたはMathScriptプローブからデータをコピーするには、変数リストで変数を選択し、プレビューペーンでデータを右クリックし、ショートカットメニューからデータをコピーを選択します。テキストデータは、LabVIEW MathScriptウィンドウ出力ウィンドウまたはMathScriptプローブの出力タブからコピーすることもできます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった