スクリプトを保存およびロードする(MathScript RTモジュール)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

LabVIEW MathScriptウィンドウスクリプトエディタで作成するスクリプトを保存できます。以下の手順に従って、スクリプトを保存します。

  1. LabVIEW MathScriptウィンドウファイル→スクリプトを別名で保存を選択します。LabVIEW MathScriptウィンドウスクリプトページでスクリプトを保存ボタンをクリックすることもできます。
  2. ファイルダイアログボックスで、スクリプトを保存するディレクトリを参照します。
  3. ファイル名フィールドにスクリプトの名前を入力します。LabVIEWでスクリプトを実行する場合、この名前には小文字で.m拡張子を付ける必要があります。
  4. OKボタンをクリックしてスクリプトを保存します。

MathScriptノードで保存したスクリプトをロードしたり、スクリプトエディタからMathScriptノードに(またはMathScriptノードからスクリプトエディタに)直接スクリプトを貼り付けることができます。

LabVIEW MathScriptウィンドウに既存のスクリプトをロードすることもできます。特定のスクリプトをロードするには、LabVIEW MathScriptウィンドウファイル→スクリプトを開くを選択するか、スクリプトページでスクリプトを開くボタンをクリックします。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった