Real-Time FIFOページ(シェア変数プロパティダイアログボックス)



インストールパッケージ: Real-Timeモジュール

このページを表示するには、シェア変数プロパティダイアログボックスのカテゴリリストでRT FIFOを選択します。

このページを使用して、シェア変数のリアルタイム機能を有効にし、構成します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • RT FIFOを有効—単一プロセスまたはネットワークで共有されたタイプのシェア変数に対して、Real-Time FIFOを有効にします。 ネットワーク共有シェア変数のネットワークバッファを有効にしてReal-Time FIFOを使用する場合、確実にデータを書き込むためにはネットワークバッファが1つのFIFO要素と同等の大きさである必要があります。ネットワークバッファがFIFO要素よりも小さいと、ネットワークバッファがオーバーフロー状態となりネットワークでデータが転送されません。

    波形データタイプのシェア変数でReal-Time FIFOを有効にすると、波形のバリアント要素はサイズが可変でありReal-Time FIFOと互換性がないため、転送されません。
    • FIFOタイプ—使用するFIFO構成を指定します。 シェア変数に配列データタイプが含まれている場合、配列要素の数を指定する必要があります。シェア変数に波形データタイプが含まれている場合、各波形につきポイントの数を指定する必要があります。波形データタイプの配列を選択する場合、各配列につき波形の数と各波形につきポイントの数を指定する必要があります。ジッタを発生させる原因となり得るメモリの割り当てを避けるために、必要となる要素と波形ポイント、またはそのどちらかの正確な数を指定する必要があります。
      • 単一要素—単一の要素でFIFOバッファを指定します。
      • マルチ要素—複数の要素でFIFOバッファを指定します。このオプションを選択する場合、使用するFIFOの数も指定する必要があります。
      • ネットワークバッファ構成を使用ネットワークページのバッファを使用セクションで指定する構成を使用して、FIFOのサイズと要素を構成します。このオプションは、ネットワークバッファを有効にした場合のみ使用できます。

バッファのオーバーフローによるデータ損失を防止するために、ネットワークバッファとReal-Time FIFOバッファの両方を使用することをお勧めします。バッファの構成がシェア変数のパフォーマンスに与える影響については、ナショナルインスツルメンツのウェブサイトを参照してください。

メモ  RT FIFOは、クラスタ、文字列、およびバリアントなどの変数サイズのデータタイプをサポートしていません。Real-Time FIFOを使用して波形データを転送すると、波形のバリアント要素は転送されません。これは、バリアントはサイズが可変であり、Real-Time FIFOと互換性がないためです。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった