Real-Timeシェア変数のエラーコード



シェア変数は、Real-Time FIFOが有効な時に以下のエラーコードを返す場合があります。LabVIEWでエラーを修正する方法については、技術サポートデータベースを参照してください。

コード 説明
−1950678972 LabVIEWはLogosのロードに失敗しました。 インストールに問題がある可能性があります。ネットワーク変数エンジンまたは変数クライアントサポートのいずれかがインストールされていることを確認してください。
−1950678970 Real-Time FIFOを有効にしたシェア変数で必要なrtvarsupのロードに失敗しました。
−1950678969 Real-Time FIFOを有効にしたネットワーク共有シェア変数で必要なrtvarnetのロードに失敗しました。
−1950678966 ダイレクトモードで、リモートからI/O変数にアクセスできません。 ローカルでI/O変数にアクセスするか、アクセスモードをスキャンモードに変更してください。
−1950678964 I/O変数アクセスに必要なNI スキャンエンジンソフトウェアのロードに失敗しました。RTターゲットでI/O変数をホストしている場合、NI スキャンエンジンがRTターゲットにインストールされていることを確認してください。WindowsでI/O変数をホストしている場合、NI スキャンエンジンサポートを含むDeviceNetなどのWindows I/Oドライバをインストールする必要があります。Windows VIでI/O変数をホストしている場合、VIは開いた状態のLabVIEWプロジェクトの一部である必要があります。WindowsビルドアプリケーションでI/O変数をホストしている場合、アプリケーションは、ハードウェア構成を含むように構成される必要があります。
−1950678958 このプロパティは、I/Oエイリアスでしか呼び出せません。
−1950678957 このプロパティは、I/O変数でしか呼び出せません。
−2223 シェア変数に必要な変数クライアントサポートソフトウェアが見つからないか、バージョンが異なります。 MAXを使用して、RTターゲットに正しいバージョンの変数クライアントサポートソフトウェアがインストールされているか確認してください。
−2221 変数RT FIFO書き込みバッファがいっぱいです。 バッファの最も古いデータポイントが上書きされます。
−2220 変数RT FIFO読み取りバッファが空です。 読み取るデータがありません。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった