チュートリアル: Real-Timeアプリケーションを作成する



このチュートリアルでは、Real-Timeモジュールを使用して、基本的なリアルタイムアプリケーションを作成する方法について説明します。ここで学習するリアルタイムアプリケーションは、RTターゲット上で実行されるVIと、ホストコンピュータ上で実行されるVIの2つのVIで構成されています。RTターゲット上のVIは、RTターゲットからデータを生成し、このデータをホストコンピュータ上のVIにストリームします。ホストコンピュータ上のVIは、このデータを読み取り、波形グラフに表示します。

このチュートリアルは、包括的な学習体験をしていただくために、ブランクVIから作業を開始します。作業中のアプリケーションに手を加えて学習する方がいい場合は、複数のテンプレートやサンプルプロジェクトからお選びいただけます。このようなテンプレートにアクセスするには、LabVIEWのスタートアップウィンドウでプロジェクトを作成を選択して、プロジェクトを作成ダイアログボックスを表示します。

作業を開始する前に

ネットワーク上にRTターゲットが検出でき、ソフトウェアがインストールされていることを確認してください。RTターゲットの検出とソフトウェアのインストールの詳細については、『Measurement & Automation Explorerヘルプ』の「リモートシステム」のトピックを参照してください。『Measurement & Automation Explorerヘルプ』を開くには、NI MAXのヘルプ→MAXヘルプを選択してください。

チュートリアルの内容

パート1: RTターゲット上でデータを生成する
RTターゲット上でデータを生成する生産者ループの作成方法を学習します。

パート2: RTターゲット上でデータを処理する
RTターゲット上でデータを処理する消費者ループを作成する方法と、生産者ループから消費者ループへ確定的にデータを転送する方法について学習します。

パート3: 複数のループを同時に停止する
ネットワーク共有シェア変数を使用して、生産者ループと消費者ループを同時に停止する手段を作成します。

パート4: ユーザインタフェースを作成する
ホストコンピュータ上で基本的なユーザインタフェースを作成し、このUIでRTターゲット上で実行されているループを停止する方法を学習します。

パート5: RTデータをホストコンピュータに送信する
ネットワークストリームを使用して、RTターゲットからホストコンピュータにデータを送信する方法について学習します。

パート6: ユーザインタフェースにRTデータを表示する
ネットワークストリームを使用してホストコンピュータでRTターゲットデータを受け取り、このデータをユーザインタフェースに表示する方法について学習します。

関連ドキュメント
このチュートリアルで取り上げられていない関連概念について学習します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった