データブラウザ



DIAdem 2018ヘルプ


発行年月: 2018年6月
製品番号: 370858P-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


DIAdem 2017 ヘルプ
DIAdem 2018 ヘルプ
DIAdem 2019 ヘルプ
DIAdem 2020 ヘルプ
DIAdem 2020 SP1 ヘルプ

データブラウザを使用して、データストアのレベルを検索し、Data Portalにデータをロードします。参照パスのすべての要素を参照することができます。デフォルトでは、参照パスには、AoMeasurement、AoMeasurementQuantity、AoSubmatrix、およびAoLocalColumnベースタイプである主な階層の要素が含まれています。AoMeasurementレベルの上位の要素は、常にData Portalのルート要素です。AoMeasurement要素タイプはチャンネルグループとして、AoMeasurementQuantity要素タイプはチャンネルとして表示されます。

データブラウザでは、データストアの実体は異なるシンボルで識別されます。記号の概要については、フォルダ記号とファイル記号を参照してください。参照設定で実体のシンボルを変更すると、データブラウザにも変更後のシンボルが表示されます。

データブラウザには、データストアのすべての要素がそれらの保存された順序で表示されます。データストアのロード可能な要素は、測定、測定量、サブマトリックス、およびローカル列です。データブラウザには、要素の上位データストア階層の要素がすべてアルファベット順で表示されます。データブラウザでは、ロード可能な要素は緑の記号で識別され、ロードできない要素は灰色で表示されます。ロードできない要素は選択できません。ファイルブラウザでサブマトリックスとローカル列も表示するには、デフォルト設定ツリーにサブマトリックスを表示を選択します。

参照設定では、データブラウザに表示する実体を指定します。*.tbs(テクニカル参照設定)の拡張子を持つファイルで設定を保存して再ロードすることができます。参照パスは、アプリケーションのモデルにより異なります。

メモ データと共にData Portalにロードするデータストアのプロパティ、およびそれらのプロパティをData Portalにロードするときに割り当てる名前を指定するには、構成をロードを使用します。

データブラウザ内のデータストア表示をフィルタリングして、データ表示をわかりやすくすることができます。フィルタリングの詳細については、データストアのフィルタリングを参照してください。

データブラウザのプロパティ表示には、フォーカス選択された要素のプロパティが表示されます。この表示から検索入力領域にプロパティをドラッグアンドドロップすると、それらのプロパティの値を検索できます。ショートカットメニューから最新の情報に更新を選択するか、<F5>キーを押すとデータストアが更新されます。

メモ データブラウザはスクリプトでもコントロールできます。詳細については、オブジェクト: Browser <DataStore>を参照してください。

プロシージャ

NAVIGATORインタフェースを使用してスクリプトでデータを検索する | NAVIGATORインタフェースを使用せずにスクリプトでデータを検索する | OR演算を使用して検索を実行する | 検索結果を構成する | 検索結果を並び替えてから検索を実行する | 検索クエリの保存とロード | 検索領域のインデックスを構成する | 検索領域を定義する | テキスト検索を実行する | カスタムプロパティを最適化する | ネットワーク内の別のコンピュータ上のデータを検索する | 複数のプロパティを検索する

サンプル

ASAMデータストアのショートカットメニューからATFXファイルを生成 | DataFinder検索結果を組み合わせる | DataFinderの検索結果のショートカットメニュー | DataFinderの検索結果の評価ウィザード | NAVIGATORでチャンネルを検索 | 「Failed」のマークが付いたデータセットの検索 | ダイアログボックスでデータをフィルタ処理する | ダイアログボックスを使用せずにデータをフィルタ処理する | チャンネルの検索と評価 | データプラグインのタイムアウトを確認 | データストアの各種参照設定 | データストア内の「Failed」のマークが付いたデータセットの検索 | トラックのブレーキテスト | プロパティの検索と関連するチャンネルの評価 | ユーザダイアログボックス内の検索および評価機能



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった