My DataFinderの設定:データプラグイン



DIAdem 2018ヘルプ


発行年月: 2018年6月
製品番号: 370858P-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


DIAdem 2017 ヘルプ
DIAdem 2018 ヘルプ
DIAdem 2019 ヘルプ
DIAdem 2020 ヘルプ
DIAdem 2020 SP1 ヘルプ

このダイアログボックスを使用して、どのデータプラグインがどのファイル名拡張子と連携しているか、およびそれによってDataFinderがどのファイルを検索に含めるかの概要を表示します。DataFinderでデータプラグインを使用できるようにするには、このダイアログボックスでデータプラグインを有効にしてください。

設定

  データプラグイン名 データプラグイン名を表示します。
  ファイル名拡張子 選択したデータプラグインに関連付けられているファイル名拡張子を表示します。
  インポート DataFinder環境設定*.dfc)をロードするダイアログボックスが開きます。
  エクスポート My DataFinderの現在の環境設定の保存を行うダイアログボックスが開きます。
すべてのデータプラグインを選択 すべてのデータプラグインを選択します。
すべて選択解除 データプラグインをすべて解除します。
データプラグインのインデックス再構成 選択されたデータプラグインでロードされたすべてのファイルのインデックスを再構成します。たとえば、関連するデータプラグインを以前に変更した場合などに、データのインデックス再構成を行ってください。
メモ ファイル名拡張子をデータプラグインに追加するには、データプラグイン設定ダイアログボックスを使用してください。

DataFinderによって検索に含められるファイル名拡張子を持つデータプラグインにチェックマークが付きます。データプラグインにグレーの背景のチェックマークが付いている場合、DataFinderはそのデータプラグインのファイル名拡張子を常に含めるため、このデータプラグインを無効にすることはできません。ホワイトの背景のチェックマークが付いたデータプラグインは無効にすることができます。無効にすると、それらのデータプラグインのファイル名拡張子は検索に含まれなくなるため、このデータプラグインからはファイルのコンテンツを検索できなくなります。

データプラグインにグレーのチェックボックスしかない場合は、DataFinderは関連するファイル名拡張子を検索に含めます。ただし、それらのファイルがTDMデータ形式と対応しておらず、グループまたはチャンネルのプロパティを検索できない場合は、ファイルプロパティのみ検索可能になります。

メモ DIAdem NAVIGATORでこのダイアログボックスを開くには、設定→My DataFinder→構成→データプラグインを選択します。

追加設定

検索領域 | データプラグイン | ファイル名拡張子 | インデックス構成 | 拡張

プロシージャ

NAVIGATORインタフェースを使用してスクリプトでデータを検索する | NAVIGATORインタフェースを使用せずにスクリプトでデータを検索する | OR演算を使用して検索を実行する | 検索結果を構成する | 検索結果を並び替えてから検索を実行する | 検索クエリの保存とロード | 検索領域のインデックスを構成する | 検索領域を定義する | テキスト検索を実行する | カスタムプロパティを最適化する | ネットワーク内の別のコンピュータ上のデータを検索する | 複数のプロパティを検索する

サンプル

ASAMデータストアのショートカットメニューからATFXファイルを生成 | DataFinder検索結果を組み合わせる | DataFinderの検索結果のショートカットメニュー | DataFinderの検索結果の評価ウィザード | NAVIGATORでチャンネルを検索 | 「Failed」のマークが付いたデータセットの検索 | ダイアログボックスでデータをフィルタ処理する | ダイアログボックスを使用せずにデータをフィルタ処理する | チャンネルの検索と評価 | データプラグインのタイムアウトを確認 | データストアの各種参照設定 | データストア内の「Failed」のマークが付いたデータセットの検索 | トラックのブレーキテスト | プロパティの検索と関連するチャンネルの評価 | ユーザダイアログボックス内の検索および評価機能



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった