ダイアログボックスでデータをフィルタ処理する



DIAdem 2018ヘルプ


発行年月: 2018年6月
製品番号: 370858P-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


DIAdem 2017 ヘルプ
DIAdem 2018 ヘルプ
DIAdem 2019 ヘルプ
DIAdem 2020 ヘルプ
DIAdem 2020 SP1 ヘルプ

このサンプルは、特定の基準でデータをフィルタ処理する方法を示します。ダイアログボックスでフィルタの基準を指定することができます。サンプルはフィルタチャンネルのチャンネル値を解析します。指定の許容値以内のフィルタ値としてチャンネル値を選択できます。ダイアログボックスはデフォルトグループの最初のチャンネルをフィルタチャンネルとすることを提示しています。合計3つのフィルタを定義できます。チャンネルリストからフィルタ処理するためにチャンネルを選択します。フィルタ処理で、サンプルはフィルタ条件を満たすフィルタチャンネル値を検索し、そのフィルタチャンネル値を新規のチャンネルグループに保存します。また、フィルタ処理されるチャンネルのチャンネル値もこのチャンネルグループに保存されます。サンプルは同じ長さのチャンネルのみをフィルタ処理できます。

サンプルはChnEventDetectionWindowコマンドを使用して数値チャンネルをフィルタ処理します。

サンプルを開始

サンプルファイルをコピー

ファイル名をクリックして、このファイルをDIAdemに読み込みます

DataFilter_DLG.vbs スクリプトファイル
DataFilter_Libr.vbs スクリプトファイル
DataFilter.sud ダイアログボックスファイル
DataFilter.tdm データファイル
DataFilter.ico 記号ファイル


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった