DIAdemのプロパティ - 概要



DIAdem 2018ヘルプ


発行年月: 2018年6月
製品番号: 370858P-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


DIAdem 2017 ヘルプ
DIAdem 2018 ヘルプ
DIAdem 2019 ヘルプ
DIAdem 2020 ヘルプ
DIAdem 2020 SP1 ヘルプ

DIAdemのデータセット、グループ、およびチャンネルのプロパティの概要を以下に示します。これらのプロパティは、NAVIGATORのData PortalのProperty Displayと、上級検索用の検索入力領域に一覧表示されています。

メモ スクリプトで使用するプロパティの名前を判断するには、DIAdem NAVIGATORの検索領域にクエリを入力し、<Ctrl>キーと<Shift>キーを押したまま<C>キーを押します。これにより、スクリプトがクリップボードに保存され、同時に、DIAdemにプロパティのスクリプト名が保持されます。

データセットプロパティ

名前 - データセットの名前を指定します。

スクリプト名 name
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できません
メモ データをData Portalにロードしたり、Data Portalからデータを保存したりすると、ファイル名が名前データ設定プロパティに書き込まれます。


説明 - データセットの説明を指定します。

スクリプト名 description
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できます


名前/説明 - データセットのタイトルを指定します。

スクリプト名 title
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できます


作成者 - データセットの作成者を指定します。

スクリプト名 author
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できます


保管日 - DIAdemにデータセットを最後に保存した日付を指定します。

スクリプト名 datestring
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できません
メモ ロードしたデータセットの保管日プロパティに値がなかった場合は、保管日付/時間プロパティから値が指定されます。
データをTDMファイルに保存すると、現在の日付と現在の時刻が保管日保管時間、および日付/時間保管プロパティに書き込まれます。保管日および保管時間の時間形式は、設定→DIAdemの設定ダイアログボックスの一般タブで指定したものと同じ形式になります。
保管日保管時間プロパティはData Portalにのみ表示されます。保管日付/時間プロパティのみ検索できます。


保管時間 - DIAdemにデータセットを最後に保存した時間を指定します。

スクリプト名 timestring
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できません
メモ ロードしたデータセットの保管時間プロパティに値がなかった場合は、保管日付/時間プロパティから値が指定されます。
データをTDMファイルに保存すると、現在の日付と現在の時刻が保管日保管時間、および日付/時間保管プロパティに書き込まれます。保管日および保管時間の時間形式は、設定→DIAdemの設定ダイアログボックスの一般タブで指定したものと同じ形式になります。
保管日保管時間プロパティはData Portalにのみ表示されます。保管日付/時間プロパティのみ検索できます。


保管日付/時間 - TDMデータセットをDIAdemに最後に保存した日付と時刻を指定します。

スクリプト名 datetime
データタイプ 日付/時間
DataFinder 検索できます
メモ TDMファイルを保存すると、現在の日付と現在の時刻が保管日保管時間、および保管日付/時間プロパティに書き込まれます。
プロパティ保管日付/時間はDIAdem NAVIGATORにのみ表示されます。保管日保管時間プロパティはData Portalにのみ表示されます。


ソース名 - データセットの名前を指定します。

スクリプト名 sourceoriginalname
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できません
メモ データをロードすると、データセットの元の名前がsourceoriginalnameプロパティに書き込まれます。このプロパティはData Portalにのみ表示されます。上級検索で元のデータセット名を検索する場合は、データセットの名前プロパティを使用してください。


RegisterTxt1 ... RegisterTxt3 - 説明情報についての追加プロパティを指定します。

スクリプト名 registertxt1 ... registertxt3
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できません


ファイル名 - データセットの名前をファイル名拡張子を含めて指定します。

スクリプト名 fileName
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できます
メモ  このプロパティはData Portalには存在しません。ファイルからデータをロードした場合、ファイル名はチャンネルプロパティソースファイルに書き込まれます。


パス - データセットのパスとファイル名を指定します。

スクリプト名 fullpath
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できます

メモ バージョン2010以降では、ファイルプロパティFullpathはファイルプロパティFolderに置き換えられました。Folderプロパティは値の検索時間が大幅に短縮されています。

メモ このプロパティはData Portalには存在しません。ファイルからデータをロードした場合、ファイルパスはチャンネルプロパティソースファイルパスに書き込まれ、ファイル名はチャンネルプロパティソースファイルに書き込まれます。


作成日時 - オペレーティングシステムにてデータセットが生成された時間を指定します。

スクリプト名 createTime
データタイプ 日付/時間
DataFinder 検索できます
メモ  このプロパティはData Portalには存在しません。


変更日時 - オペレーティングシステムにてデータセットが最後に変更された時間を指定します。

スクリプト名 modifyTime
データタイプ 日付/時間
DataFinder 検索できます
メモ  このプロパティはData Portalには存在しません。


ファイルサイズ - データセットのサイズを指定します。

スクリプト名 fileSize
データタイプ 32ビット整数
DataFinder 検索できません
メモ このプロパティはNAVIGATORのプロパティ表示にのみ表示されます。保存されているTDMファイル、TDMSファイル、およびDATファイルのサイズを指定するには、DIAdem関数DataFileSizeを使用してください。


データプラグイン名 - データセットを開くときに使用されるデータプラグインの名前を指定します。

スクリプト名 dataPluginName
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できます
メモ このプロパティはData Portalには存在しません。データファイルをロードした場合、このデータファイルのロードに使用されたデータプラグインの名前はチャンネルプロパティデータソースのタイプに書き込まれます。


エラーメッセージ - データプラグインがデータセットを開けなかったときのエラーテキストを指定します。

スクリプト名 errorLog
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できません
メモ このプロパティはNAVIGATORのプロパティ表示にのみ表示されます。


インデックス状態 - DataFinderの検索領域からデータインデックスの状態を指定します。

スクリプト名 indexStatus
データタイプ 列挙
DataFinder 検索できます
メモ このプロパティはNAVIGATORのProperty Displayにのみ表示されます。indexStatusプロパティには以下の値を保存できます。

項目

説明

eIndexedSuccess

ファイルはインデックス化されていません。

eIndexedTimeout

インデックス化に許可された時間を超過しました。

eIndexedFailed

インデックス化中にエラーが発生しました。エラーメッセージプロパティに詳細が保存されています。

eIndexedNotYet ファイルはまだインデックス化されていません。
eIndexedNotMyFile ファイルには、データプラグインが記録されたファイル名拡張子が付いています。しかし、ファイル形式がこのデータプラグインと一致しません。
メモ  クイックサーチでindexStatusプロパティの値を検索できません。上級検索でindexStatusプロパティの値を検索する場合に、ワイルドカード(? and *)は使用できません。

 

チャンネルグループプロパティ

名前 - チャンネルグループの名前を指定します。

スクリプト名 name
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できます
メモ グループの命名規則に従ってください。


説明 - チャンネルグループの説明を指定します。

スクリプト名 description
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できます


インデックス - チャンネルグループのインデックスを指定します。

スクリプト名 index
データタイプ 32ビット整数
DataFinder 検索できません
メモ このプロパティはData Portalにのみ表示されます。


ソース名 - チャンネルグループの元の名前を指定します。

スクリプト名 sourceoriginalname
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できません
メモ データをロードすると、チャンネルグループの元の名前がsourceoriginalnameプロパティに書き込まれます。このプロパティはData Portalにのみ表示されます。上級検索で元のチャンネルグループ名を検索する場合は、チャンネルグループの名前プロパティを使用してください。


RegisterTxt1 ... RegisterTxt3 - 説明情報についての追加プロパティを指定します。

スクリプト名 registertxt1 ... registertxt3
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できません

 

チャンネルプロパティ


名前 - チャンネル名を指定します。

スクリプト名 name
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できます
メモ チャンネルの命名規則に従ってください。


説明 - チャンネルの説明を指定します。

スクリプト名 description
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できます


単位 - チャンネル値の単位を指定します。

スクリプト名 unit_string
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できます


最小 - 最も小さいチャンネル値を指定します。

スクリプト名 minimum
データタイプ 64ビット浮動小数点数
DataFinder 検索できます
メモ このプロパティは読み取り専用です。Data Portalのショートカットメニューから特性値の更新を選択し、値を再計算します。スクリプトではChnCharacterコマンドを使用します。最小値が計算されていない場合、このプロパティは値NoValueを持ちます。
時間チャンネルの最小値をフォーマットするには、RTT関数を使用してください。テキストチャンネルの最小値は常にNoValueです。


最大 - 最も大きいチャンネル値を指定します。

スクリプト名 maximum
データタイプ 64ビット浮動小数点数
DataFinder 検索できます
メモ このプロパティは読み取り専用です。Data Portalのショートカットメニューから特性値の更新を選択し、値を再計算します。スクリプトではChnCharacterコマンドを使用します。最大値が計算されていない場合、このプロパティは値NoValueを持ちます。時間チャンネルの最大値をフォーマットするには、RTT関数を使用してください。テキストチャンネルの最大値は常にNoValueです。


データ長 - チャンネルのデータ長を指定します。

スクリプト名 length
データタイプ 32ビット整数
DataFinder 検索できません
メモ   データ長プロパティはData Portalにのみ表示されます。


NoValues - チャンネルにNoValuesが含まれているかどうかを指定します。

スクリプト名 novaluekey
データタイプ 列挙
DataFinder 検索できます
メモnovaluekeyプロパティは以下の値を持つことができます。

スクリプト用語

説明

Yes

チャンネルにNoValuesが保存されています。

No

チャンネルにNoValuesが保存されていません。

Not calculated

計算されていません。


このプロパティは読み取り専用です。Data Portalのショートカットメニューから特性値の更新を選択し、値を再計算します。スクリプトではChnCharacterコマンドを使用します。


フラグ - チャンネルにフラグが設定されているかどうかを指定します。

スクリプト名 flagkey
データタイプ 列挙
DataFinder 検索できません
メモ   flagkeyプロパティは以下の値を持つことができます。
 

スクリプト用語

説明

Yes

フラグが設定されています。

No

フラグが設定されていません。


このプロパティは読み取り専用です。フラグはファイルに保存されません。このプロパティはData Portalにのみ表示されます。


等間隔 - チャンネル内の値が単調増加または単調減少のいずれであるかを指定します。

スクリプト名 monotony
データタイプ 列挙
DataFinder 検索できません
メモ   monotonyプロパティは以下の値を持つことができます。
 

スクリプト用語

インターフェイス用語、説明

not calculated

計算されていません

not monotone

等間隔ではありません。

decreasing

減少

increasing

増加


このプロパティは読み取り専用です。Data Portalのショートカットメニューから特性値の更新を選択し、値を再計算します。スクリプトではChnCharacterコマンドを使用します。
このプロパティはData Portalにのみ表示されます。


状態 - チャンネル値がどのように生成されたかを指定します。

スクリプト名 status
データタイプ 列挙
DataFinder 検索できません
メモ   statusプロパティは以下の値を持つことができます。
 

スクリプト用語

インターフェイス用語、説明

entered

確定

read

読み取り

calculated

計算済み

measured

測定

reduced

間引き

readonly

読み込み専用


このプロパティはData Portalのチャンネルにのみ適用されます。


最大長さ - 現在の時刻までに、ダイナミックチャンネルに対して使用された最大データ長、またはスタティックチャンネルの最大可能データ長を指定します。

スクリプト名 lengthmax
データタイプ 32ビット整数
DataFinder 検索できません
メモ このプロパティは読み取り専用です。このプロパティはData Portalの内部チャンネルにのみ適用されます。


インデックス - そのグループ内にあるチャンネルのインデックスを指定します。

スクリプト名 groupindex
データタイプ 32ビット整数
DataFinder 検索できません
メモ このプロパティは読み取り専用です。このプロパティはData Portalにのみ表示されます。


番号 - チャンネルナンバーを指定します。

スクリプト名 number
データタイプ 32ビット整数
DataFinder 検索できません
メモ このプロパティは読み取り専用です。このプロパティはData Portalの内部チャンネルにのみ適用されます。


表示形式 - チャンネルを数値チャンネル、時間チャンネル、テキストチャンネルのいずれで表示するかを指定します。

スクリプト名 displaytype
データタイプ 列挙
DataFinder 検索できます
メモ displaytypeプロパティは以下の値を持つことができます。
 

スクリプト用語

インターフェイス用語、説明

numeric

数値

time

時間

text

テキスト

メモ チャンネルのデータタイプを関数またはDisplayTypeチャンネルプロパティで変更した場合は、タイプに依存するその他のプロパティを使用する前にまずデータタイプを要求する必要があります。
メモ 従来のdisplaytypeプロパティの代わりに、内部データ用のオブジェクト指向スクリプトインタフェースのDataTypeプロパティを使用してください。


データタイプ(Data Portal) - DIAdemにてチャンネルが内部的に保存されるときのデータ種類を表示します。

スクリプト名 valuetype
データタイプ 列挙
DataFinder 検索できません
メモ   valuetypeプロパティは以下の値を持つことができます。
 

スクリプト用語

説明

float64

64ビット浮動小数点数

string

テキスト


このプロパティは読み取り専用です。

メモ 従来のvaluetypeプロパティの代わりに、内部データ用のオブジェクト指向スクリプトインタフェースのDataTypeプロパティを使用してください。


データタイプ(NAVIGATORのProperty Display) - チャンネルが保存されたときのデータ種類を表示します。

スクリプト名 datatype
データタイプ 列挙
DataFinder 検索できません
メモ   datatypeプロパティは以下の値を持つことができます。
 

スクリプト用語

説明

DT_Byte

8ビット整数

DT_Short

16ビット整数

DT_Long 32ビット整数
DT_LongLong 64ビット整数
DT_Float 32ビット浮動小数点数
DT_Double 64ビット浮動小数点数
DT_Date 日付/時間値
DT_String テキスト


datatypeプロパティはデータプラグインにより設定されます。この設定はすべてのTDMデータプラグイン、TDMSデータプラグイン、DATデータプラグイン、およびVBSデータプラグインに適用されます。

メモ 従来のdatatypeプロパティの代わりに、内部データ用のオブジェクト指向スクリプトインタフェースのDataTypeプロパティを使用してください。


グループ名 - チャンネルが保存されているグループの名前を指定します。

スクリプト名 groupname
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できません
メモ このプロパティは読み取り専用です。このプロパティはData Portalにのみ表示されます。上級検索でグループ名を検索するには、プロパティグループ名前を使用してください。


データストアソース - チャンネルのロード元であるデータストアの名前を指定します。

スクリプト名 sourcename
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できません
メモ データストアからデータをロードすると、データストアの名前がsourcenameプロパティに書き込まれます。このプロパティはData Portalにのみ存在します。


ソースファイル - チャンネルのロード元であるファイルの名前を指定します。

スクリプト名 sourcedatafilename
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できません
メモ ファイルからデータをロードすると、ファイルの名前がsourcedatafilenameプロパティに書き込まれます。このプロパティはData Portalにのみ存在します。


ソースファイルパス - チャンネルのロード元であるファイルのパスを指定します。

スクリプト名 sourcedatafilepath
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できません
メモ ファイルからデータをロードすると、ファイルのパスがsourcedatafilepathプロパティに書き込まれます。このプロパティはData Portalにのみ存在します。


データソースのタイプ - チャンネルのロードに使用したデータプラグインの名前を指定します。

スクリプト名 sourcetype
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できません
メモ データをロードすると、データプラグインの名前がsourcetypeプロパティに書き込まれます。このプロパティはData Portalにのみ存在します。上級検索でデータプラグインの名前を検索するには、ファイルのプロパティDataPlugin nameを使用してください。


ソースコンテキスト - チャンネルがロードされたときに保存されていたチャンネルグループの名前を指定します。

スクリプト名 sourceparentname
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できません
メモ データをロードすると、チャンネルグループの名前がsourceparentnameプロパティに書き込まれます。チャンネルをチャンネルグループにグループ化する代わりに他のオブジェクトの下にグループ化しているデータストレージからデータをロードした場合、チャンネルグループの名前の代わりに親オブジェクトの名前がこのプロパティに書き込まれます。
このプロパティはData Portalにのみ存在します。
上級検索でグループ名を検索するには、プロパティグループ名前を使用してください。


ソース名 - チャンネルの元の名前を指定します。

スクリプト名 sourceoriginalname
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できません
メモ データをロードしてチャンネルを作成すると、チャンネルの元の名前がsourceoriginalnameプロパティに書き込まれます。このプロパティはData Portalにのみ表示されます。上級検索で元のチャンネル名を検索する場合は、チャンネルのnameプロパティを使用してください。


保管 - チャンネルを内部的に保存する方法を指定します。

スクリプト名 representation
データタイプ 列挙
DataFinder 検索できません
メモ   representationプロパティは以下の値を持つことができます。
 

スクリプト用語

説明

explicit

値は明示的に保存されます。

implicit_linear

値は明示的にリニアに保存されます。

registered DIAdemによりチャンネルが登録されます。


このプロパティは読み取り専用です。このプロパティはData Portalにのみ表示されます。


開始値 - 暗黙チャンネルの開始値を指定します。

スクリプト名 implicit_start
データタイプ 64ビット浮動小数点数
DataFinder 検索できません
メモ このプロパティは読み取り専用です。このプロパティはData Portalにのみ表示されます。


間隔 - 暗黙チャンネルの間隔を指定します。

スクリプト名 implicit_increment
データタイプ 64ビット浮動小数点数
DataFinder 検索できません
メモ このプロパティは読み取り専用です。このプロパティはData Portalにのみ表示されます。




波形 - チャンネルが波形チャンネルかどうかを指定します。

スクリプト名 waveform
データタイプ 列挙
DataFinder 検索できません
メモ   waveformプロパティは以下の値を持つことができます。
 

スクリプト用語

説明

Yes

波形

No

波形ではありません


このプロパティは読み取り専用です。このプロパティはData Portalにのみ表示されます。


波形 X名 - 波形チャンネルのX部分の名前を指定します。

スクリプト名 wf_xname
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できます


波形 X単位 - 波形チャンネルのX部分の単位を指定します。

スクリプト名 wf_xunit_string
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できます


波形 Xオフセット - 波形チャンネルのX部分のオフセットを指定します。

スクリプト名 wf_start_offset
データタイプ 64ビット浮動小数点数
DataFinder 検索できません


波形 X間隔 - 波形チャンネルのX部分の間隔を指定します。

スクリプト名 wf_increment
データタイプ 64ビット浮動小数点数
DataFinder 検索できません


波形 X開始時間 - 波形チャンネルのX部分の開始時間を指定します。

スクリプト名 wf_start_time
データタイプ 日付/時間
DataFinder 検索できます




RegisterInt1 ... RegisterInt6 - 整数の説明情報についての追加プロパティを指定します。

スクリプト名 registerint1 ... registerint6
データタイプ 32ビット整数
DataFinder 検索できません


RegisterVal1 ... RegisterVal6 - 非整数の説明情報についての追加プロパティを指定します。

スクリプト名 registerval1 ... registerval6
データタイプ 64ビット浮動小数点数
DataFinder 検索できません


RegisterTxt1 ... RegisterTxt3 - 説明情報についての追加プロパティを指定します。

スクリプト名 registertxt1 ... registertxt3
データタイプ 文字列
DataFinder 検索できません

関連項目

プロパティ: Value for Property <Data>



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった