検索結果を並び替えてから検索を実行する



DIAdem 2018ヘルプ


発行年月: 2018年6月
製品番号: 370858P-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


DIAdem 2017 ヘルプ
DIAdem 2018 ヘルプ
DIAdem 2019 ヘルプ
DIAdem 2020 ヘルプ
DIAdem 2020 SP1 ヘルプ

Order Byを指定してから検索を実行するには、検索入力領域の1列目の並び替え機能を使用します。3つの検索条件の検索を実行し、昇順または降順で結果を並び替えるには、次の手順を実行します。

  1. DIAdem NAVIGATORを選択します。

  2. ファイルDataFinderを開くを選択して、DataFinderを開くダイアログボックスを開きます。

  3. DataFinderMy DataFinderを選択します。

  4. OKをクリックして、DataFinderMy DataFinderを開きます。

  5. 上級検索ボタンをクリックします。

  6. ファイルのプロパティを検索するために、検索入力領域のレベルファイルを選択します。

  7. Modification dateプロパティとして選択します。

  8. 演算子で<=を選択します。

  9. として"26.08.2010"を入力します。

  10. 検索入力領域の2行目をクリックします。

  11. レベルグループを選択します。

  12. プロパティ名前を選択します。

  13. 演算子で=を選択します。

  14. 値として"meas_1*"を入力します。

  15. 検索入力領域の3行目をクリックします。

  16. レベルチャンネルを選択します。

  17. プロパティ名前を選択します。

  18. 演算子で=を選択します。

  19. 値として"Time*"を入力します。

  20. チャンネルの検索をクリックします。並び替えられていない検索結果が表示されます。

  21. 最初の検索条件の1列目にある上向き矢印をクリックして、検索条件の結果を昇順で表示します。

  22. 2番目の検索条件の1列目にある上向き矢印をクリックして、検索条件の結果を昇順で表示します。

  23. 3番目の検索条件の1列目にある下向き矢印をクリックして、検索条件の結果を降順で表示します。

メモ  DataFinderの検索結果の並び替え順序は論理演算行に表示されます。次のサンプルでは、論理演算行にC1 AND C2 AND C3, Order By: C1, C2, C3というエントリーが表示されます。これは、検索条件C1C2、およびC3が検索され、検索結果が検索条件C1で並び替えられた後、検索条件C2で並び替えられ、最後に検索条件C3で並び替えられることを意味します。
  1. チャンネルの検索をクリックして、検索を開始します。見つかったチャンネルが、指定した並び替え順序で検索結果リストに表示されます。検索結果は、Data Portalにドラッグアンドドロップできます。

メモ  デフォルトでは、Order Byモードは無効になっています。既存の並び替え順序をすべて削除するには、検索入力領域のショートカットメニューからOrder By を削除を選択します。

サンプル

ASAMデータストアのショートカットメニューからATFXファイルを生成 | DataFinder検索結果を組み合わせる | DataFinderの検索結果のショートカットメニュー | DataFinderの検索結果の評価ウィザード | NAVIGATORでチャンネルを検索 | 「Failed」のマークが付いたデータセットの検索 | ダイアログボックスでデータをフィルタ処理する | ダイアログボックスを使用せずにデータをフィルタ処理する | チャンネルの検索と評価 | データプラグインのタイムアウトを確認 | データストアの各種参照設定 | データストア内の「Failed」のマークが付いたデータセットの検索 | トラックのブレーキテスト | プロパティの検索と関連するチャンネルの評価 | ユーザダイアログボックス内の検索および評価機能



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった