Applicationプロパティ(ActiveX)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

アプリケーションオブジェクトはLabVIEWに影響するプロパティをエクスポートします。

プロパティで使用される列挙体の詳細については、ActiveX列挙体を参照してください。

プロパティ説明
AllProjectsメモリにある各LabVIEWプロジェクトへのリファレンス配列を返します。これらのリファレンスはProjectプロパティと使用することができます。 詳細
AllVIsInMemory発呼者VIのアプリケーションインスタンスに対してメモリに常駐するVIリストを返します。このプロパティは、リモートVIのリストを返すのに使用するとエラーを返します。ExportedVIsプロパティを使用して、エクスポートされたVIのリストを返します。このプロパティは読み取り専用です。このプロパティは、ローカルバージョンのLabVIEWでのみ使用可能です。 詳細
AppKind無効なアプリケーションタイプなど、コンピュータでVIが実行中のLabVIEWインスタンスを示します。 詳細
ApplicationDirectoryアプリケーションが配置されたディレクトリの絶対パスです。このプロパティは読み取り専用です。 詳細
AppNameアプリケーションのファイル名です。このプロパティは読み取り専用です。 詳細
AppTargetCPUアプリケーションのターゲットCPUを示します。このプロパティは読み取り専用です。 詳細
AppTargetOSアプリケーションが構築されたオペレーティングシステムを示します。Mac OSは、Mac OSバージョン9および8を示し、CarbonはMac OS Xを示します。このプロパティは読み取り専用です。 詳細
AutomaticCloseアプリケーションへのリファレンスのすべてが解放される際、アプリケーションを閉じるかどうか指定します。デフォルトはTRUEです。 詳細
CmdArgsLabVIEWを起動した際に渡されたユーザ定義のコマンドライン引数の配列を返します。 詳細
DefaultDataLocationLabVIEWデータディレクトリへのパスです。 詳細
ExportedVIsメモリにあるエクスポートVIのリストを返します。このプロパティは読み取り専用です。 詳細
LanguageISO639に従った文字列としてLabVIEW環境またはスタンドアロンアプリケーションの言語を示します。値には、endefrjakozh-cnなどがあります。 詳細
OSBuildNumberオペレーティングシステムのビルド番号です。この文字列は、オペレーティングシステムのビルド番号との比較に使用可能なビルド番号の英数字の値を返します。このプロパティは読み取り専用です。 詳細
OSDetailedNameアプリケーションが実際に起動しているオペレーティングシステムの詳細名です。この文字列値はオペレーションシステムと、Microsoft Windows XPなどそのバージョンを返します。このプロパティは、OSNameOSVersionの組み合わせに似たもので、それぞれがプラットフォーム名と数値バージョン番号を返します。このプロパティは読み取り専用です。 詳細
OSNameアプリケーションが実際に起動しているオペレーティングシステムの名前です。この文字列の値は、Windowsのバージョンの部分以外はAppTargetOSと同じです。具体的には、OSNameはアプリケーションを実行しているWindowsの正確なバージョンを返すのに対して、AppTargetOSにはWindows XPの列挙体が1つあります。このプロパティは読み取り専用です。 詳細
OSVersionオペレーティングシステムのバージョン番号です。このプロパティは読み取り専用です。 詳細
PrintDefaultPrinterLabVIEWのデフォルトプリンタ名を設定または取得します。 詳細
PrintersAvailableコンピュータで使用可能なプリンタ名のアルファベット順の配列を返します。 詳細
PrintingColorDepthTRUEの場合、LabVIEWはプリンタにカラー/グレースケール出力を送信します。FALSEの場合、LabVIEWはプリンタにモノクロ出力を送信します。 詳細
PrintMethodLabVIEWの印刷方法を設定または取得します。 詳細
PrintSetupCustomClusterConstantsドキュメントを印刷するVIメソッドを使用してカスタムフォーマットで印刷する際に、ブロックダイアグラム内にあるアイコン化されたクラスタの非表示コンテンツを印刷するかどうかを指定します。 詳細
PrintSetupCustomConnector印刷ドキュメントVIメソッドのどちらからのカスタム形式を使用する際、コネクタペーンとVIアイコンのどちらを印刷するかを指定します。 詳細
PrintSetupCustomControlDesc印刷ドキュメントVIメソッドの1つでカスタム形式を使用する際、フロントパネル制御器の説明を印刷するかどうかを指定します。 詳細
PrintSetupCustomControls印刷ドキュメントVIメソッドの1つでカスタム形式を使用する際、フロントパネル制御器の情報を印刷するかどうかを指定します。このプロパティは、生成されたドキュメントの制御器と表示器のリストのみに作用し、フロントパネルの画像には影響しません。 詳細
PrintSetupCustomControlTypes印刷ドキュメントVIメソッドの1つでカスタム形式を使用する際、LabVIEWフロントパネル制御器のデータタイプ情報を印刷するかどうかを指定します。 詳細
PrintSetupCustomDescription印刷ドキュメントVIメソッドの1つでカスタム形式を使用する際、VIの説明を印刷するかどうかを指定します。 詳細
PrintSetupCustomDiagramドキュメント印刷VIメソッドの1つを使用してカスタムフォーマットで印刷するときに、LabVIEWブロックダイアグラムを印刷するかどうかを指定します。 詳細
PrintSetupCustomDiagramHiddenドキュメント印刷VIメソッドの1つでカスタム形式を使用する際、ブロックダイアグラムにある可能性のあるLabVIEWケースおよびスタックシーケンスストラクチャの非表示のフレームを印刷するかどうかを指定します。 詳細
PrintSetupCustomDiagramRepeatドキュメント印刷VIメソッドの1つでカスタムフォーマットを使用する際、各ケース、イベント、スタックシーケンスストラクチャの非表示サブダイアグラムと並んでいる表示サブダイアグラムを印刷するかどうかを指定します。表示フレームを順に印刷すると、これらのフレームは2回印刷されます。 詳細
PrintSetupCustomExpressVIConfigInfoドキュメント印刷VIメソッドの1つでカスタム形式を使用する際、ブロックダイアグラムのLabVIEW Express VIの構成情報を印刷するかどうかを指定します。 詳細
PrintSetupCustomHierarchy印刷ドキュメントVIメソッドでカスタム形式を使用する際、メモリにあるVIの階層を印刷するかどうかを指定します。 詳細
PrintSetupCustomHistory印刷ドキュメントVIメソッドでカスタム形式を使用する際、VIのリビジョン履歴情報を印刷するかどうかを指定します。 詳細
PrintSetupCustomLabelドキュメント印刷VIメソッドの1つでカスタム形式を使用する際、各制御器のラベルやキャプションを印刷するかどうかを指定します。 詳細
PrintSetupCustomPanel印刷ドキュメントVIメソッドの1つでカスタム形式で印刷する指し、LabVIEWフロントパネルを印刷するかどうかを指定します。 詳細
PrintSetupCustomPanelBorder印刷ドキュメントVIメソッドの1つでカスタムッ形式で印刷する際、境界線付きのLabVIEWフロントパネルを印刷するかどうかを指定します。 詳細
PrintSetupCustomSubVIsドキュメント印刷VIメソッドの1つでカスタム形式を使用する際、アイコン、名前、パスを含むLabVIEWのサブVIおよびExpress VIのリストを印刷するかどうかを指定します。多態性VIがサブVIの場合、LabVIEWはアイコン、名前、パスを含むトップレベルVIで使用されたインスタンスを印刷します。トップレベルVIが多態性の場合、LabVIEWは各インスタンスのアイコン、名前、パスを含む、多態性VIのすべてのインスタンスのリストを印刷します。 詳細
PrintSetupFileWrapTextファイルの1つの行の最大文字数です。このプロパティはPrintVIToHTMLメソッド、PrintVIToRTFメソッド、PrintVIToTextメソッドに影響します。このプロパティを0に設定して、行送りなしですべての文字を1行に印刷します。 詳細
PrintSetupJPEGQuality対話形式またはPrintVIToHTMLメソッドで印刷されるVIのJPEGグラフィックの画質を指定する0~100のパーセンテージ値です。この値は画像精度とファイルサイズを調整します。75-95の範囲の値は高画質の圧縮したファイルを生成し、50より小さい値は低画質で小さいサイズのファイルを生成します。デフォルトは80です。 詳細
PrintSetupPNGCompressLevel対話式またはPrintVIToHTMLメソッドで印刷されたVIのグラフィック用のPNGファイルの圧縮レベルを指定する-1から9の間の数値です。圧縮によって画像精度が低下することはありませんが、この値はグラフィックファイルのサイズと圧縮速度に影響します。有効な値は-1~9の範囲で、速度でファイル圧縮率を調整します。0は、圧縮なしを指定します。1は、ある程度の圧縮率で最適な速度を指定します。9は、最適の圧縮率と遅い速度を指定します。-1(デフォルト値)は、最適な圧縮率と速度の組み合わせを指定します。 詳細
RTHostConnectedリアルタイム(RT)プラットフォームにターゲットを設定していない場合、このプロパティは常にTRUEになります。RTプラットフォームにターゲットされ、ホストが接続されている場合は、このプロパティはTRUEになります。このプロパティがFALSEの場合は、ホストは接続されておらず、Real-Timeモジュールアプリケーションがホストに依存せずにすべての操作の処理が可能であることが必要となります。このプロパティを使用して、ユーザとの相互操作が必要となるダイアログボックスを表示しても問題がないタイミングを決定します。 詳細
SaveVersionアプリケーションによってLabVIEWドキュメントが保存されたLabVIEWファイル形式のバージョン番号。このバージョン番号は、アプリケーションのバージョン番号と異なる可能性があります。たとえば、バージョン番号が9.0.1のLabVIEWで保存されたLabVIEWドキュメントのファイル形式バージョンは9.0になります。 詳細
SaveVersionsこのLabVIEWバージョンで保存できるLabVIEWバージョン形式の配列です。配列は新しいバージョンから順に並べられています。したがって、0の位置の要素はLabVIEWの最新バージョンとなります。配列の各要素は、旧バージョン形式で保存するVIサーバ関数に渡すことができる、保存可能なバージョンです。 詳細
ShowFPTipStripsプロパティを書き込む―このプロパティをTRUEに設定すると、LabVIEWフロントパネル制御器のヒントラベルを表示できるようになります。このプロパティをFALSEに設定すると、ヒントラベルは表示できません。プロパティを読み取る―フロントパネル制御器の上にカーソルを移動する際にヒントラベルを表示するかどうかを指定します。 詳細
UserNameアプリケーションを開くのに使用するユーザ名です。このプロパティは読み取り専用です。 詳細
Versionアプリケーションのバージョン番号です。スタンドアロンアプリケーションまたは共有ライブラリでは、このプロパティはLabVIEWランタイムエンジンのバージョンを返します。このプロパティは読み取り専用です。 詳細
VersionYearアプリケーションのバージョン年です。ビルドしたアプリケーションまたは共有ライブラリでは、このプロパティはLabVIEWランタイムエンジンのバージョン年を返します。 詳細
VIServerPortLabVIEW VIサーバポートを取得および設定します。リモートアプリケーション上のプロパティへのアクセスを試みるとエラーを返します。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった