配列サイズ 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 配列関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

配列の各次元の要素数を返します。

コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

配列には、任意のタイプのn次元配列を入力できます。
サイズは、配列が1Dの場合、32ビット整数です。 配列が多次元の場合、戻り値は1D配列になります。ここで、各要素は配列の対応する次元の要素数を表す32ビット整数になります。 返される配列の要素順序は、行優先順に対応します。 したがって、最初の指標はvolで、次にページ、行、列と続きます。 これらの名前は指標識別子で、それ以外の意味はありません。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった