部分配列 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 配列関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

指標から始まり長さ分の要素数を含む配列の一部を返します。

詳細  

配列には、任意のタイプのn次元配列を入力できます。
指標は、返したい配列の部分に含める最初の要素、行、列、またはページを指定します。 指標が0未満の場合、関数は0とみなします。 指標が配列サイズ以上の場合、関数は空の配列を返します。
長さは、返す配列の部分に含める要素、行、列、またはページの数を指定します。 指標長さの合計が配列のザイズより大きい場合、関数は可能な限り多くのデータを返します。 デフォルト値は指標から配列終端までの長さです。 長さが0未満の場合、関数は0とみなします。
部分配列配列と同じタイプです。

部分配列の詳細

この関数に配列を配線すると、関数は自動的にサイズ調整して、配列の各次元の指標入力と長さ入力を表示します。 1D配列を関数に配線する場合、関数は要素に対して指標入力を表示します。 2D配列を関数に配線する場合、関数は行と列に対して指標入力を表示します。 n次元の配列を介して3D配列を関数に配線する場合、関数はページの指標入力を表示します。

コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

指標配列」関数を使用して、部分配列形状を変更できます。 たとえば、「指標配列」関数への入力が2D配列であり、行入力にのみ配線した場合、配列の1Dの行がすべて抽出されます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった