配列から行列に変換 VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 配列関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

配列を配列要素と同じタイプの要素の行列に変換します。 実数2D配列入力にデータを配線して自動的に多態性インスタンスを決定するか、インスタンスを手動で選択します。

詳細  サンプル

プルダウンメニューを使用してこのVIのインスタンスを選択してください。

実行列に変換

実数2D配列は2D配列を指定します。
実行列の要素は、実数2D配列の要素と同じタイプです。 実行列の要素の順序は、実数2D配列の要素の順序と同じです。

列ベクトルに変換

実数1D配列は1次元配列を指定します。
実行列(列ベクトル)の要素は、実数1D配列の要素と同じタイプです。 実行列(列ベクトル)の要素の順序は、実数1D配列の要素の順序と同じです。

複素行列に変換

複素2D配列は複素数の2次元配列を指定します。
複素行列の要素は、複素2D配列の要素と同じタイプです。 複素行列の要素の順序は、複素2D配列の要素の順序と同じです。

複素列ベクトルに変換

複素1D配列は複素数の1次元配列を指定します。
複素行列(列ベクトル)の要素は、複素1D配列の要素と同じタイプです。 複素行列(列ベクトル)の要素の順序は、複素1D配列の要素の順序と同じです。

配列から行列に変換の詳細

配列要素が実数または複素の倍精度浮動小数点数でない場合は、LabVIEWは配列要素を一番近いデータタイプに変換します。

LabVIEWは1D配列の要素を行列の1列目に格納します。

サンプル

配列から行列に変換VIの使用サンプルは、以下のVIで参照できます。

  • Matrix Fundamentals VI: labview\examples\Mathematics\Linear Algebra
  • Matrix to a Power VI: labview\examples\Mathematics\Linear Algebra


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった