ブール配列を数値に変換 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ブール関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

ブール配列を、配列を数値のバイナリ表記であると解釈して整数または固定小数点数に変換します。 配列の最初の要素は数値の最下位ビットに一致します。

詳細  

ブール配列はブール値の1次元配列です。 ブール配列が長すぎる場合、この関数は切り捨てを行います。 ブール配列が短すぎる場合、この関数は、符号拡張モード(関数を右クリックして選択)に基づいてブール配列をパッドします。
  • なし―この関数は、ブールFALSEビットでブール配列をパッドします。
  • 出力が符号付きの場合―(デフォルト)出力が符号なしの場合、この関数はブールFALSEビットでブール配列をパッドします。 出力が符号付きの場合、この関数は、配列の最後の要素でブール配列をパッドします。
  • 常に―この関数は、配列の最後の要素でブール配列をパッドします。
数値は、整数または固定小数点数です。 数値の数値表現は、プロパティダイアログボックスの出力構成ページで変更できます。 プロパティダイアログボックスは、関数を右クリックしてプロパティを選択すると表示されます。

ブール配列を数値に変換の詳細

以下の表は、ブール配列数値の関係を示したものです。

ブール配列 出力表記法 符号拡張モード 2進数値 数値
{False, True} I8 出力が符号付きの場合 11111110 -2
{False, True} U8 出力が符号付きの場合 00000010 2
{FALSE, TRUE, FALSE, TRUE} I8 常に 11111010 -6
{FALSE, TRUE, FALSE, TRUE} I8 なし 00001010 10
{FALSE, FALSE, TRUE, FALSE, TRUE} U8 出力が符号付きの場合 00010100 20
{FALSE, FALSE, TRUE, FALSE, TRUE} U8 常に 11110100 244


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった