基本単位をキャスト 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 変換VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

入力に関連する基本単位を単位に関連する基本単位に変更して、出力端子に結果を返します。

注意  この関数は慎重に使用してください。 この関数は基本単位を扱うため、この関数を効率的に使用するには、任意の単位からその基本単位への変換操作の理解を深める必要があります。 この関数は、メートルからキログラムへの変換など、基本単位を変更できます。

詳細  

単位は入力を出力結果と関連付けます。 デフォルトは「なし」で、どの単位とも関連付けられていません。
xは単位あり、または単位なしの浮動小数点数です。
xxと同じデータタイプおよびストラクチャを返します。

基本単位をキャストの詳細

基本単位(m)は同じであるため、単位mm単位の定数への配線とm単位の定数への配線に違いはありません。 ほとんどの場合、単位を変更するには、「単位変換」関数を使用して、単位機能をオンまたはオフに切り替えます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった