クラスタ定数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: クラスタ、クラス、バリアントVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

ブロックダイアグラムでクラスタ定数値を使用するには、この関数を使用します。

異なるタイプの要素を持つクラスタを指定できます。 クラスタ定数を定義するには、関数パレットでユーザ定義定数を選択し、クラスタ定数内に配置します。 各クラスタ要素値は、操作ツールとラベリングツールを使用して編集できます。

VIの実行中は、クラスタ定数の値を変更できません。

メモ  ブロックダイアグラムで表示されるクラスタ定数のサイズを小さくするには、クラスタ定数を右クリックしてショートカットメニューからクラスタをアイコンとして表示を選択します。 この変更を取り消すには、ショートカットメニューから再度クラスタをアイコンとして表示を選択します。 また、クラスタ定数のフレームをダブルクリックしてアイコン表示にすることもできます。 この変更を元に戻すには、クラスタ定数アイコンをダブルクリックします。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった