クラスタ、クラス、バリアントVIおよび関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: プログラミングVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

クラスタ、クラス、バリアントVIおよび関数を使用して、クラスタおよびLabVIEWクラスの作成および操作、LabVIEWデータのデータタイプに関係なく操作可能な形式への変換、データ属性の追加、バリアントデータからLabVIEWデータへの変換を行うことができます。

関連情報

LabVIEWクラスを作成する

配列やクラスタでデータをグループ化する

バリアントデータを処理する

パレットオブジェクト説明
LV オブジェクト定数LabVIEWオブジェクトは、すべてのLabVIEWクラスに対して共通の先祖データタイプです。 LabVIEWオブジェクトを使用して、すべてのLabVIEWクラスデータタイプの処理が可能な一般メソッドを作成できます。
LVクラスデフォルト値を取得そのパスがクラスパス入力に配線されたクラスのクラスデータを返します。 クラスがメモリにない場合、LabVIEWはディスクからクラスのロードを試行します。 依存項目が見つからない場合、その見つからない依存項目を検索します。 依存項目が検索されない場合、依存項目は見つからないとみなされ、ユーザに必要なファイルを参照するプロンプトが表示されます。
LVクラスデフォルト値を名前で取得クラス名入力に配線した名前のクラスのクラスデータを返します。 クラスがメモリ内にないか、壊れている場合、LabVIEWはエラーを返します。
LVクラスパスを取得オブジェクトのクラスのパスを返します。
LVクラス名を取得オブジェクトのクラス名を返します。
クラスタから配列に変換同じデータタイプの要素で構成されるクラスタを、同じデータタイプの要素で構成される1D配列に変換します。
クラスタ定数ブロックダイアグラムでクラスタ定数値を使用するには、この関数を使用します。
クラスタ配列作成要素入力をクラスタにバンドルして、すべての要素クラスタを1つのクラスタの配列にします。
バンドル個々の要素からクラスタを作成します。
バンドル解除クラスタを1つ1つの要素に分割します。
より一般的なクラスに変換制御器またはタイプ定義などのリファレンスを継承階層のより一般的なクラスに型変換します。
より特定のクラスに変換制御器またはタイプ定義などのリファレンスを継承階層のより特定のクラスに型変換します。
ランタイムクラスの保護オブジェクト入力ターゲットオブジェクトと同じクラスまたは子クラスであるかをランタイム時に確認します。

サブVIが予想された入力タイプの子クラスを受け取った時に、サブVIノードのLabVIEWクラス出力がLabVIEWクラス入力と同じクラスタイプに確実にダウンキャストされるようにするためには、この関数をサブVIのブロックダイアグラムで使用します。
指標 & バンドルクラスタ配列配列のセットを指標付けし、i番目の要素が各入力配列のi番目の要素となるようなクラスタ配列を作成します。
親メソッド呼び出しクラスメソッドの最も近い先祖の実装を呼び出します。 先祖クラスから継承メンバーVIに属しているメンバーVIのブロックダイアグラム上でのみ、親メソッド呼び出しを使用できます。 子メンバーVIはダイナミックディスパッチメンバーVIで、先祖メンバーVIと同じ名前である必要があります。
配列からクラスタに変換1D配列を配列要素と同じタイプの要素のクラスタに変換します。 関数を右クリックして、ショートカットメニューからクラスタサイズを選択して、クラスタの要素数を設定します。
名前でバンドル1つまたは複数のクラスタ要素を置き換えます。 この関数は、クラスタ内の位置ではなく、名前でクラスタ要素を示します。
名前でバンドル解除指定した名前のクラスタ要素を返します。


サブパレット説明
バリアントVIおよび関数バリアントVIおよび関数を使用して、バリアントの操作の他に、LabVIEWバリアントの属性を追加、取得、削除します。また、バリアントのデータタイプを取得します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった