タイプに強制変換 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 変換VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

データ値を維持して、入力データを互換性のあるデータタイプに変換します。 「型変換」関数とは異なり、この関数は入力データを再解釈しません。

この関数は以下の目的で使用します。

  • 強制ドットを除去する
  • タイプ定義のないデータを、互換性のあるタイプ定義に変換する、あるいはその逆
  • ユーザーイベントrefnumなど、ワイヤ上のデータの名前を変更する

詳細  

タイプは、入力データxの変換後のデータタイプを指定します。

入力データの変換後のデータタイプを設定するには、そのデータタイプの定数または制御器をタイプに配線します。 LabVIEWは、タイプに配線された定数または制御器のデータを無視します。
xは、変換するデータを指定します。

この入力は任意のデータタイプを受け付けます。
強制xは、入力データxの変換後の値を返します。

タイプに強制変換の詳細

型変換」関数も、データを所望のデータタイプに変換します。 「タイプに強制変換」関数は、「型変換」関数とは異なり、強制ドットのように、入力データの値を維持するために互換性のあるデータタイプ間のみで変換を行います。 「型変換」関数では、入力データを平坦化または非平坦化することで互換性のないデータタイプ間の変換が可能であるため、データが根本的に再解釈される場合があります。 所望のデータタイプが入力データと異なるメモリサイズを必要とする場合は、「型変換」関数により入力データが再解釈される可能性があります。 NIでは、データの再解析を避けるために、「型変換」関数の代わりに「タイプに強制変換」関数を使用することを推奨しています。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった