比較関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: プログラミングVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

比較関数を使用して、ブール値、文字列、数値、配列、クラスタを比較します。

比較関数は、ブール文字列数値配列、およびクラスタの値を異なる方法で処理します。 また、比較関数を使用して、文字のタイプを比較することもできます。 一部の比較関数の比較モードを変更できます。

パレットオブジェクト説明
0に等しい?xが0と等しい場合はTRUEを返します。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。
0に等しくない?xが0でない場合はTRUEを返します。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。
0より小さい?xが0より小さい場合はTRUEを返します。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。
0より大きい?xが0より大きい場合はTRUEを返します。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。
0以下?xが0以下の場合はTRUEを返します。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。
0以上?xが0以上の場合はTRUEを返します。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。
10進数?文字が0~9の10進数字を表す場合はTRUEを返します。 文字が文字列の場合、この関数は文字列の最初の文字を使用します。 文字が数値の場合、この関数は文字のASCII値としてその数値を解釈します。 文字が浮動小数点の場合、この関数は最も近い整数に丸め込みます。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。
16進数?文字が0~9、A~F、a~fの16進数字を表す場合はTRUEを返します。文字が文字列の場合、この関数は文字列の最初の文字を使用します。 文字が数値の場合、この関数は文字のASCII値としてその数値を解釈します。 文字が浮動小数点の場合、この関数は最も近い整数に丸め込みます。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。
8進数?文字が0~7の8進数字を表す場合はTRUEを返します。 文字が文字列の場合、この関数は文字列の最初の文字を使用します。 文字が数値の場合、この関数は文字のASCII値としてその数値を解釈します。 文字が浮動小数点の場合、この関数は最も近い整数に丸め込みます。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。
パスであり空でない?パス<無効パス>以外の値か、空のパスである場合にTRUEを返します。 それ以外の場合はFALSEを返します。
以下?xy以下の場合はTRUEを返します。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。 この関数の比較モードを変更できます。
以上?xy以上の場合はTRUEを返します。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。 この関数の比較モードを変更できます。
印刷可能?文字が印刷可能なASCII文字の場合はTRUEを返します。 文字が文字列の場合、この関数は文字列の最初の文字を使用します。 文字が数値の場合、この関数は文字のASCII値としてその数値を解釈します。 文字が浮動小数点の場合、この関数は最も近い整数に丸め込みます。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。
空の配列?入力配列が空の場合TRUEを返します。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。
空の文字列/パス?文字/パス空の文字列または空のパスの場合はTRUEを返します。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。 この関数は、変数、ピクチャ、DSCタグでも使用できます。
空白?文字が、空白、タブ、新規行、復帰改行、改ページ、垂直タブなどの空白文字の場合はTRUEを返します。 文字が文字列の場合、この関数は文字列の最初の文字を使用します。 文字が数値の場合、この関数は文字のASCII値としてその数値を解釈します。 文字が浮動小数点の場合、この関数は最も近い整数に丸め込みます。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。
固定小数点のオーバーフロー?FXPがオーバーフローした処理の結果であり、オーバーフローステータスが含まれる場合、FXPはTRUEになります。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。
最大最小xy比較し、大きい方の値を上の出力端子に、小さい方の値を下の出力端子に返します。 この関数は、すべての入力がタイムスタンプ値である場合にのみタイムスタンプ値を受け入れます。 入力がタイムスタンプの場合は、後のタイムスタンプが上の出力端子に、前のタイムスタンプが下の出力端子に返されます。 この関数の比較モードを変更できます。
小さい?xyより小さい場合はTRUEを返します。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。 この関数の比較モードを変更できます。
選択sの値に応じて、t入力またはf入力に配線された値を返します。 sがTRUEの場合、この関数はtに配線された値を返します。 sがFALSEの場合、この関数はfに配線された値を返します。
大きい?xyより大きい場合はTRUEを返します。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。 この関数の比較モードを変更できます。
値が変更された?これがこのVIの初めての呼び出しの場合、または入力値がこのVIが最後に呼び出されたときの値と異なる場合にTRUEを返します。
等しい?xyと等しい場合はTRUEを返します。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。 この関数の比較モードを変更できます。
等しくない?xyと等しくない場合はTRUEを返します。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。 この関数の比較モードを変更できます。
範囲内と強制x上限入力と下限入力で指定された範囲内かどうかを判断し、任意で値を範囲内に強制できます。 この関数は、要素の比較モードでのみ値を強制します。 この関数は、すべての入力がタイムスタンプ値である場合にのみタイムスタンプ値を受け入れます。 この関数の比較モードを変更できます。
比較指定された入力項目を比較して、値が等しいか、大きいか、小さいかなどを判断します。
非数/無効パス/非Refnum?数値/パス/refnumが非数 (NaN)、<無効パス>、または非refnumの場合はTRUEを返します。 それ以外の場合は、この関数はFALSEを返します。
文字クラス文字クラス番号を返します。 文字が文字列の場合、この関数は文字列の最初の文字を使用します。 文字が数値の場合、この関数は文字のASCII値としてその数値を解釈します。


サブパレット説明
タイプをアサートVIおよび関数タイプをアサートVIおよび関数をタイプ特化ストラクチャと併せて使用すると、特定のデータタイプ用に順応性VI (.vim) のコードの一部をカスタマイズしたり、順応性VIが特定の条件を満たすデータタイプのみを受け入れるようにできます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった