複合演算 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 数値関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

1つまたは複数の数値、配列、クラスタ、またはブール入力に対し演算を実行します。 演算 (加算、減算、AND、OR、XOR) を選択するには、関数を右クリックしてショートカットメニューからモード変更を選択します。 数値パレットでこの関数を選択した場合、デフォルトのモードは「加算」になります。 ブールパレットでこの関数を選択した場合、デフォルトのモードは「OR」になります。

コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

詳細  

値0..n-1は、数値またはブール値、ブール値または数値の配列、クラスタ、クラスタの配列などを受け入れます。 1つの波形は1つの入力にのみ配線できます。 入力が波形の場合、様々なサイズのスカラ入力をいくつでも入力できます。 がエラークラスターの場合、エラークラスタの状態パラメータだけが入力端子に渡されます。
結果は、値 0..n-1に適用された、選択された処理の結果を返します。 AND、OR、XORでは、結果は、数値入力にビット単位の処理、ブール入力に論理演算を返します。

複合演算の詳細

ノードに入力を追加するには、入力を右クリックしてショートカットメニューから入力を追加を選択するか、関数のサイズを変更します。

個々の端子を右クリックしてショートカットメニューから反転を選択して、この関数の入力または出力を反転できます。 加算の場合は、反転を選択して入力または出力の符号を変更できます。 乗算の場合は、反転を選択して、入力の逆数を使用するか、出力の逆数を生成します。 AND、OR、またはXORの場合は、反転を選択して、整数入力または出力をビット単位の補数演算を行うか、あるいは入力または出力を論理的に否定します。

「複合演算」関数を使用して3つ以上の値でXOR演算を実行する場合、「複合演算」関数は最初の入力ペアでXOR演算を実行し、次にその結果と次の入力でXOR演算する、というかたちですべての入力を処理します。

メモ  この関数は、固定小数点数と使用できません。 固定小数点数をこの関数に配線すると、VIは壊れた実行ボタンと表示されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった