制御器パレット



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

制御器パレットには、LabVIEW VIのフロントパネルを作成するための制御器と表示器が含まれています。 制御器はブロックダイアグラムに入力を渡すための手段、表示器はブロックダイアグラムから出力を受け取るための手段を提供します。 制御器 パレットを表示するには、表示→制御器パレットを選択するか、フロントパネルの空いた場所でマウスを右クリックします。

制御器と表示器のスタイル

制御器パレットには、以下のスタイルのフロントパネル制御器と表示器が含まれています。

サブパレット説明
モダンほとんどのフロントパネルの作成には、モダン制御器および表示器を使用します。
NXGスタイルNXGスタイルの制御器と表示器を使用して、LabVIEW NXGと同じスタイルのフロントパネルを作成します。 これらの制御器と表示器の外観は、エンドユーザがそのVIを実行するプラットフォームによって変わります。
シルバーエンドユーザが操作するVIには、シルバー制御器および表示器を使用します。 シルバー制御器と表示器は、エンドユーザが操作するVI用の代替の視覚スタイルを提供します。 これらの制御器と表示器の外観は、エンドユーザがそのVIを実行するプラットフォームによって変わります。
システム自分で作成するダイアログボックスには、システム制御器および表示器を使用します。 システム制御器および表示器は、エンドユーザがそのVIを実行するプラットフォームの標準的なダイアログボックスに合わせて制御器の色と外観が変わるように、ダイアログボックスでの使用を意図して設計されています。
クラシックローカラーモニタ設定用のVIを作成するには、クラシック制御器および表示器を使用します。 外観をカスタマイズした制御器を作成したり、パネルを白黒で印刷するにも、クラシック制御器および表示器を使用します。
ExpressExpress VIには、Express制御器と表示器を使用します。
.NET & ActiveX.NETおよびActiveX制御器と表示器を使用して、.NETまたはActiveXコントロールを操作します。
ユーザ制御器ユーザ制御器を使用して、追加するカスタム制御器と表示器をLabVIEWユーザライブラリに保存することによりサブパレットに含めます。 デフォルトでは、ユーザ制御器サブパレットにはオブジェクトは含まれていません。

関連情報

フロントパネルの制御器および表示器の種類

制御器および表示器スタイルを設定する

Express VIを作成する

ユーザ制御器サブパレットにVIおよび制御器を追加する



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった