単位変換 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 変換VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

物理的数値(単位を持つ数値)を純粋な数値(単位のない数値)、または純粋な数値を物理的数値に変換します。 関数を右クリックして、ショートカットメニューから単位文字列を作成を選択し、単位文字列を作成および編集します。

詳細  

xは単位あり、または単位なしの浮動小数点数です。
yは、xに単位がない場合、単位のある浮動小数点数です。 xに単位がある場合、yに単位はありません。

単位変換の詳細

ラベリングまたは操作ツールを使用して、文字列をハイライトして単位文字列を編集して、新規文字を入力します。 また、関数を右クリックして、ショートカットメニューから単位文字列を作成を選択して、単位文字列を作成ダイアログボックスを表示することもできます。 入力する単位は、LabVIEWで使用できる単位にする必要があります。

入力が互換単位で測定された物理的数値の場合、出力は指定単位で測定された純粋数値になります。 たとえば、xは37メートル(m)と指定して、単位変換関数の単位としてm(メートル)を入力する場合、yは関連単位のない37になります。 xは37メートルと指定し、単位変換関数の単位としてft(フィート)を入力する場合、yは関連単位のない121.36になります。

入力が純粋数値である場合、LabVIEWは単位変換関数で指定する単位をその数値に割り当てて、以下の表に示すとおり、その測定クラスの基本単位(または基本単位の組み合わせ)で物理的数値を返します。

クラス基本単位:省略形
物質量モルmol
平面度ラジアンrad
立体角度ステラジアンsr
電流アンペアA
長さメートルm
光強度カンデラcd
質量キログラムkg
温度(熱力)ケルビンK
時間s

たとえば、xが10の場合、「単位変換」関数でs(秒)を単位として入力すると、秒はLabVIEWが時間測定に使用する基本単位であるため、yは10秒になります。 xは10の場合、「単位変換」関数でmin(分)を単位として入力する場合、yは600秒になります。 その後表示器が表示する単位を変更して、分数、時間数、またはその他の時間単位を表示できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった