タイミングソースを作成 VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: タイミングストラクチャおよびVI

インストールパッケージ: ベース開発システム (Real-Time, Windows)

タイミングストラクチャの実行制御に使用できる1 kHz、1MHz、ソフトウェアトリガのタイミングソースを作成します。 各タイミングソースには独自のタイミングと開始時間またはそのどちらかがあり、タイミングソースを使用する最初のタイミングストラクチャが開始されるまで開始されません。 使用する多態性インスタンスを手動で選択する必要があります。

プルダウンメニューを使用してこのVIのインスタンスを選択してください。

タイミングソースを作成 (1 kHz)

名前は作成するタイミングソースの名前です。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
名前(出力)はVIが作成したタイミングソースの名前です。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

タイミングソースを作成(1MHz)

名前は作成するタイミングソースの名前です。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
名前(出力)はVIが作成したタイミングソースの名前です。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

ソフトウェアトリガタイミングソースを作成

トリガIDは、ソフトウェアトリガタイミングソースの数値識別子です。 トリガID値の有効な範囲は0~127です。 このパラメータは文字列ではなく整数として実装されるため、タイムクリティカルなコードで「ソフトウェアトリガのタイミングソースを作成」VIを使用できます。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
タイミングソース名は、VIによって作成されるタイミングソースの名前です。 この出力をタイミングストラクチャのソース名入力に配線します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった