カーソルVI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ダイアログ&ユーザインタフェースVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

カーソルVIを使用して、VIのフロントパネル上でカーソルの外観を変更します。 たとえば、VIがデータの集録中または解析中にユーザ入力を受け入れない場合にカーソルが砂時計または時計になるように変更します。 VIがデータの集録や解析を終了してユーザ入力を受け入れるようになると、変更したカーソル外観をデフォルトに戻すことができます。

サンプル

(Real-Timeモジュール) これらのVIは、RTターゲットで実行されるVIでは使用できません。

パレットオブジェクト説明
カーソル設定VIのフロントパネルでカーソルの外観を変更します。 アイコン入力にデータを配線して、使用する多態性インスタンスを決定するか、インスタンスを手動で選択します。
カーソル破棄カーソルへのリファレンスを閉じて、リファレンスを使用して任意のVIのカーソルをデフォルトのカーソルに変更します。
ビジー設定VIのフロントパネル上でカーソルの外観を、システムビジーカーソルに変更します。 また、この関数を使用して、フロントパネルのマウスとキーボードを無効にすることもできます。
ビジー設定解除VIのフロントパネル上でカーソルの外観をシステムビジーカーソルに変更して、フロントパネル上のマウスを有効にします。
ファイルからカーソルを作成カーソルファイル内のカーソルへのリファレンスを返します。

サンプル

カーソルVIの使用サンプルは、labview\examples\Dialog and User Interface\CursorディレクトリにあるCursor.lvprojで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった