DBL数値定数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 数値関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

DBL数値定数を使用して、浮動小数点数値をブロックダイアグラムに渡します。 定数の内部を操作ツールでクリックして値を入力して、この値を設定します。

数値定数に浮動小数点数を入力する場合、デフォルト表記は倍精度浮動小数点数になります。 たとえば、123と入力した場合、表記は32ビット整数になります。

また、数値定数の数値表記を変更することもできます。 整数を入力する場合、デフォルト表記は32ビット整数になります。 たとえば、123.を入力すると、表記は倍精度浮動小数点数になります。 複素数を入力すると、デフォルト表記は倍精度複素数になります。

VIの実行中に数値定数の値を変更することはできません。 この定数にラベルを割り当てることができます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった