編集メニュー



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

編集メニューには、LabVIEWファイルやそのコンポーネントの検索や編集を行うための項目が表示されます。

メモ  メニュー項目の中には、特定のオペレーティングシステムや特定のLabVIEW開発システムにおいてのみ、またプロジェクトエクスプローラウィンドウで項目が選択されているときや、VIが選択されているときにだけ有効になるものがあります。
  • 取り消しを選択すると、直前に実行した操作が取り消されます。
  • やり直しを選択すると、直前に実行した取り消し操作がキャンセルされます。
  • 切り取りを選択すると、選択項目が削除され、クリップボードに保存されます。
  • コピーを選択すると、選択項目がコピーされ、クリップボードに保存されます。
  • 貼り付けを選択すると、アクティブなウィンドウ上にクリップボードのオブジェクトが配置されます。
  • プロジェクトから削除を選択すると、選択項目がクリップボードにコピーされずに削除されます。
  • すべて選択は、フロントパネルまたはブロックダイアグラムのすべてのオブジェクトを選択します。
  • 現在の値をデフォルト設定にするを選択すると、制御器や定数に含まれる現在の値がデフォルトとして保存されます。 また、デフォルト値:現在の設定をデフォルト設定にするメソッドを使用して、現在の値をデフォルト値としてプログラム的に設定することができます。
  • 値をデフォルト設定に戻すを選択すると、現在の制御器と定数に含まれるデータがすべてデフォルトに戻されます。 また、デフォルト値:すべてをデフォルト設定に戻すメソッドを使用して、制御器と定数に含まれるデータをすべてプログラム的にデフォルトに戻すことができます。
  • 制御器のカスタマイズは、現在選択しているフロントパネルの制御器オブジェクトを編集して、その結果を拡張子.ctlを持つファイルとして保存する場合に選択します。
  • クリップボードにピクチャをインポートを選択すると、クリップボードに画像をインポートして、VIで使用できます。
  • タブ順序を設定を選択すると、フロントパネルオブジェクトの順序を設定できます。
  • 不良ワイヤを削除を選択すると、現在のVIから不良ワイヤがすべて削除されます。
  • 選択した不良ワイヤを削除を選択すると、ストラクチャまたはブロックダイアグラムの選択範囲にある不良ワイヤが削除されます。 このメニュー項目は、不良ワイヤを含んでいるストラクチャまたはブロックダイアグラム領域を選択すると表示されます。
  • ダイアグラムをクリーンアップは、ブロックダイアグラムのレイアウトをより明快にするために、既存のすべてのワイヤの経路設定と配置を再調整します。

    ブロックダイアグラム上でオブジェクトを選択すると、編集メニュー、ショートカットメニュー、およびブロックダイアグラムツールバーでダイアグラムをクリーンアップ選択範囲をクリーンアップに変わります。
  • 非表示の制御器および表示器を表示を選択すると、カスタム制御器およびグローバル変数のフロントパネルにあるすべての制御器と表示器が表示されます。 このオプションは、カスタム制御器VIまたはグローバル変数VIの編集メニューにのみ表示されます。 カスタム制御器VIまたはグローバル変数VI以外の制御器と表示器を表示するには、手動でツールを実行してください。
    メモ  このオプションは、ロックされたVIや実行用に予約されたVIでは使用できません。
  • 階層からブレークポイントを削除を選択すると、VI階層からすべてのブレークポイントが削除されます。 このオプションは、VIの編集メニューにのみ表示されます。
    メモ スタティックVIリファレンス関数によって参照される動的に呼び出されるVIでは、ブレークポイントは手動で削除する必要があります。
  • 選択範囲からVIスニペットを作成―ブロックダイアグラムからのコードの一部を保存するディレクトリを指定する、VIスニペットを別名で保存ダイアログボックスを表示します。 このメニュー項目を選択する前に、保存したいコードを選択する必要があります。
  • 選択範囲をサブVIに変換を選択すると、選択しているオブジェクトから新しいサブVIを作成できます。
  • パネルグリッドアライメントを有効/ダイアグラムグリッドアライメントを有効を選択すると、フロントパネルまたはブロックダイアグラムのグリッドアライメントが有効になります。 アライメントグリッドが有効になると、このメニュー項目はパネルアライメントグリッドを無効/ダイアグラムグリッドアライメントを無効に変わります。
  • 項目を整列は、フロントパネルのオブジェクトを整列します。
  • 項目を均等に整列は、フロントパネルのオブジェクトの間隔を均等にします。
  • VIリビジョン履歴を選択すると、履歴ウィンドウが表示されます。このウィンドウには、現在のVIの履歴を表示したりドキュメントの変更を表示することができます。
  • ランタイムメニューを選択すると、メニューエディタダイアログボックスが表示され、ランタイムメニュー(RTM)ファイルを作成または編集したりそれをVIに関連付けることができます。
  • 検索して置換を選択すると、検索ダイアログボックスが表示され、VI、オブジェクト、およびテキストを検索および置換できます。
  • 検索結果を表示を選択すると、検索結果ウィンドウが表示されます。このウィンドウには、LabVIEWによって検索され、他のオブジェクトまたはテキストに置換されるオブジェクトまたはテキストのすべてのインスタンスが表示されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった