エラーコードからエラークラスタ VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ダイアログ&ユーザインタフェースVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

エラーまたは警告コードをエラークラスタに変換します。 このVIは、共有ライブラリ呼び出しからの戻り値を受信する場合、またはユーザ定義エラーコードを返す場合に役立ちます。

警告?がTRUEの場合、ステータスはFALSEを返して警告が発生したことを示します。 デフォルトはFALSEです。
呼び出しチェーンを表示?がTRUEの場合、ソースには、トップレベルVIへエラーまたは警告を発生するVIからの呼び出しチェーンが含まれます。 デフォルト値は、発呼者VIのみを含むことを示すFalseです。 このVIは、「呼び出しチェーン」関数を使用して発呼者のチェーンを取得します。
エラーコードは、エラークラスタに変換するコードです。 デフォルト値は0で、エラーが発生しないことを示します。
エラーメッセージは、エラー出力クラスタに表示されるエラーの説明です。 「一般エラー処理」VIがこのエラー出力クラスタを受信すると、LabVIEWはエラーメッセージの説明を表示します。 エラーメッセージが空の場合、LabVIEWはエラーコードを使用して既存のLabVIEWエラーコードからエラーの説明を決定します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 以下の例外を除き、この出力は標準エラー出力となります。

エラー入力の値がエラーなしの場合、このVIにはエラーコード入力と同じエラー情報が含まれます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった