エラーリング



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ダイアログ&ユーザインタフェースVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

エラーリングを使用すると、NIエラーコードまたはカスタムエラーコードを迅速に選択してVI全体に伝達できます。

エラーリングを標準エラーメッセージを返すように構成したり、一度だけ使用するカスタムエラーメッセージを作成できます。 エラークラスタのソース文字列には、デフォルトでトップレベルVIから現在のVIまでの呼び出しチェーンが含まれます。

(Real-Timeモジュール) 呼び出しチェーンを除外すると、リアルタイムアプリケーションでのジッタの発生が減少します。 RTターゲットで実行されるVIではエラーリングを使用することはできません。

構成されたエラーリングは以下のようになります。

エラーリングは以下の部分から構成されます。

セクション説明
エラーと警告を切り替えます。
エラーに呼び出しチェーンを含めるかどうかを示します。
6:LabVIEW…エラーの説明 エラーの説明を表示または非表示にするには、エラーリングを右クリックして、ショートカットメニューから表示項目→エラー説明テキストを選択します。
エラーを選択ダイアログボックスを起動します。

エラーを選択すると、エラーリングのアイコンをクリックしてタイプ (エラーまたは警告) を変更したり、呼び出しチェーンを含めるかどうかを変更したりできます。 エラータイプと呼び出しチェーンのオプションは、エラーリングを右クリックして、ショートカットメニューからエラーを生成警告を生成呼び出しチェーンを含める呼び出しチェーンを除外を選択して変更できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった